アイフルは在籍確認なし?勤務先への電話連絡や書類による確認は?

消費者金融の利用を検討している人の中には、「愛がいちばん」のCMでおなじみのアイフルの利用を考えている人もいるのではないでしょうか。

こちらでは、アイフルの審査の中で気になることのひとつ、「在籍確認」についてお話していきます。

アイフルは在籍確認なしなのか、電話確認があるのか、書類による確認という方法もありなのかなど、気になる疑問点を明らかにしていきます。

アイフルが審査在籍確認なしって本当?

消費者金融のアイフルは、TVCMでもおなじみ。
その知名度の高さから、利用を検討している人も多いでしょうが、在籍確認ついては気になるところです。
アイフルの在籍確認事情はどうなっているのでしょうか。

アイフルの審査では在籍確認は必ず行われる

結論から申し上げると、アイフルの審査では在籍確認が必ず行われます。

これはアイフルに限ったことではありません。
カードローンの審査では、必ず在籍確認が行われることになっています。

在籍確認は、申し込み時に申告した会社に本当に勤めているかどうかをチェックする大事なステップ。
カードローンに申し込みをする人の中には無職なのに嘘の職場を記入してしまう人などもいるため、基本的には申し込みをした人全員に対して在籍確認が行われるのです。

法に従って運営されているカードローンでは必ず行われることですから、仕方のないことだと言えるでしょう。

アイフルの在籍確認は勤務先への電話連絡や書類による確認もない?

アイフルの在籍確認が必ず行われるということは、先ほどお話した通りです。
皆さんが一番知りたいのは、その在籍確認がどのように行われるかという点でしょう。

アイフルの在籍確認は勤務先への電話連絡あり

アイフルの在籍確認は、「職場による電話連絡」によって行われます。
つまり、アイフルから直接職場に電話があり、「○○さんはいらっしゃいますか? 」と本人がいるかどうかを直接確認するということになります。

在籍確認のことを初めて知った人はこの事実に衝撃を受けたかもしれませんが、そこまで心配する必要はありません。
アイフルからの電話だということは分からないように電話をしてくれますし、プライバシーに配慮して行われますから、通常はカードローンの審査の電話であるということはバレないようになっています。

そしてこの方法は、一般的にどの消費者金融、銀行カードローンでも同じ。
避けては通れないステップなのです。

場合によっては書類での確認が可能なことも

通常、アイフルの審査の在籍確認では職場への電話確認は避けて通れません。
ただし、例外もあるにはあるようです。

どうしても電話で在籍確認が取れない事情がある場合、書類による在籍確認で対応してもらえることもあります。

ただし、これは例外的な措置であり、アイフルが正式に行っている在籍確認方法ではありません。
基本的には必ず電話での在籍確認が行われますし、書類での在籍確認は事情がある場合に限られます。
ただ単に「職場に電話されたくないから」だけの理由では、書類での在籍確認に応じてもらえない可能性が高いです。

また、書類で在籍確認を行うかどうかの対応は担当者によって違いがある可能性も。
ですから書類によって在籍確認をしてもらえることもあれば、してもらえないこともあると思っておきましょう。

アイフルは職場に内緒でキャッシングできる?

アイフルが書類で在籍確認をしてもらえる可能性があるという点に魅力を感じ、申し込みを考えた人も多いと思います。
しかし実は、書類での在籍確認をしてもらえる可能性があるのはアイフルだけではありません。

アコムやプロミスも書類での在籍確認に応じてくれる

大手消費者金融のアコム、プロミスも、事情がある場合には同じように書類での在籍確認を行ってくれます。

アコムやプロミスは、アイフルに比べて利用者数(会員数)が多く安心感がありますし、アイフルがほかの2社に比べて金利が低いということもなく、特にこれといってアイフルを選ぶメリットは見当たりません。
アイフルにこだわりがないのであれば、より多くの人に選ばれているアコムプロミスも選択肢に含めて考えてみてください。

アイフルの利用を知られたくないとき、どうすればいい?

アイフルだけではなく、同じ大手の消費者金融であるアコム、プロミスも、事情によっては書類での在籍確認に応じてくれるとお話しました。
しかし、書類での在籍確認は正式な方法ではありません。
3社とも、あくまでも通常は電話での在籍確認が行われるのです。

電話連絡なし、郵送なしを公言しているのはSMBCモビットだけ

在籍確認時は、アコム、プロミス、アイフル3社とも、プライバシーに配慮したうえで消費者金融の名前を出さずに個人名で職場に電話をしてくれます。
ですから通常は、カードローンの利用が職場にバレることはありません。
しかしバレないとは分かっていても、やはり職場に電話がかかって来ることに抵抗がある人も多いのではないでしょうか。

実は正式に「職場への電話連絡なし、自宅への郵送物なし」を公言している消費者金融があります。
それが「SMBCモビット」です。

SMBCモビットは、プロミスと同じグループの消費者金融。
アコムやプロミス、アイフルに比べると少し知名度が低いですが、TVCMでもおなじみなので知っている人も多いと思います。
SMBCモビットの「WEB完結申込」を利用すれば、職場への電話連絡なしでお金を借りることが可能なのです。

アコム、プロミス、アイフルも事情があれば書類で在籍確認を行ってくれる可能性もありますが、それは絶対ではありません。
それなら、はじめから電話連絡なし、郵送物なしを公言しているSMBCモビットの「WEB完結申込」を利用した方が、余計な不安を抱かずに済むのではないでしょうか。

誤解のないように言っておきますが、SMBCモビットは「在籍確認がない」のではありません。
職場への電話連絡ではなく書類での確認という方法で、しっかり在籍確認を行います。

自宅への郵送物は家族バレのリスク大

消費者金融の利用を考える時には在籍確認にばかり意識が向きがちですが、意外と侮れないのが、家族バレのリスクが大きい「自宅への郵送物」です。
社名の入っていない封筒で郵送してくれるところもありますが、何も社名が入っていない無地の封筒は、かえって家族から「怪しい」と思われてしまうかもしれません。
それならば、初めから一切郵送物がないと分かっているSMBCモビットを利用すれば、余計なストレスを感じずに済みます。

同じSMBCグループのプロミスにも注目

SMBCモビットと同じグループの大手消費者金融であるプロミスも、SMBCモビットと同じように書類での在籍確認のノウハウを持っている可能性があり、柔軟に対応してくれることが考えられます。
「カンタン入力」によるWeb申し込みをすると、すぐに手元のスマホにプロミスから電話がかかってくるので、そこで在籍確認の方法について相談してみましょう。

アコム、アイフル、SMBCモビットの上限金利が年18%なのに対し、プロミスは17.8%と少し低いです。
初めての利用者に適用される30日間無利息サービスとあわせて考えれば、アイフルよりお得&安心に利用できる可能性は高いかもしれませんね。

【まとめ】

アイフルの審査の在籍確認では、基本的には必ず「職場への電話確認」が行われます。
ただし、事情がある場合には書類で在籍確認を行ってもらえる可能性もあるため、問い合わせてみましょう。

他の大手消費者金融のアコム、プロミスも、非公式ながら同じように書類で在籍確認を行ってもらえる可能性があります。
同じようなサービスを受けられるなら、あえてアイフルを選ぶメリットはあまりないと言えるかもしれません。

「職場への電話確認なし、郵送物なし」をはっきりと公言しているのが、SMBCモビットの「WEB完結申込」。
職場への在籍確認は電話確認という形で行われることがないので安心です。
そのうえ、家族バレしやすい郵送物もありません。

職場や家族にバレないことを第一に考えているなら、個人的にはSMBCモビットの利用をおすすめします。

【J.Score(ジェイスコア)】
(※)貸付利率(実質年率)0.8%が適用されるのは、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、Yahoo!JAPANとの情報連携に同意した場合に限ります
(※)「いますぐお申込み」の場合はAIスコア診断と申込みが同時にできます
【アコム】
・最大30日間の無利息キャッシングは初めての契約者のみが対象です。
・自動契約機(むじんくん)の営業時間は8:00~22:00で、年末年始を除いて年中無休です(一部異なる場合あり)
【SMBCモビット】
・即日融資は、申込の曜日や時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります。
・学生、アルバイト、パート、自営業の人でも申し込めますが、利用には安定した収入があることが条件となります。
【プロミス】
・SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスの無利息キャッシングは、初回利用かつメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

※当サイトでいう「他社」は、使途自由の類似無担保融資サービスを提供している会社を表します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です