オリックス銀行カードローンは金利が高い&審査が甘い?真相を調査

オリックス銀行は、東京都港区に本店を構え、顧客向けの店舗を持たない銀行です。

主に資産運用に力を入れているオリックス銀行ですが、2012年3月より「オリックス銀行カードローン」も取り扱っています。

このページでは、

・オリックス銀行カードローンは金利が高い
・オリックス銀行カードローンの審査は甘い

といった話題を調査し、その真相をまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

オリックス銀行カードローンの金利と申込みの流れ

オリックス銀行ローンカード
ではさっそく、オリックス銀行カードローンの金利など、基本情報から抑えていきましょう。

オリックス銀行カードローンは、

金利:年1.7%~17.8%
利用限度額:最高800万円
入会・年会費:無料
担保・保証人:不要
口座開設:不要

となっていて、店舗がないので来店不要で契約できます。

オリックス銀行カードローンの金利は高い?

銀行カードローンは低金利なものが多いと言われています。
ですが、オリックス銀行カードローンの金利(借入利率)である年率1.7%~17.8%という数字は、決して低いとは言えません。

確かに、下限金利の1.7%は低金利かもしれませんが、ポイントとなるのは上限金利の17.8%という数字。
オリックス銀行カードローンの金利は、消費者金融とほぼ変わらない水準なんです。

【人気消費者金融の上限金利】

・プロミス→17.8%
・アコム→18.0%
・アイフル→18.0%
・レイクALSA→18.0%
・SMBCモビット→18.0%
J.Score(ジェイスコア)年12.0%

これを見ると、銀行カードローンの金利にしては高いという印象を持たざるを得ませんね。

特に、そのカードローンを初めて利用する場合は上限金利に近い金利が適用されることが多いので、上限金利が低いカードローンを選ぶのは重要なことです。
知名度のある銀行カードローンという安心感こそありますが、オリックス銀行カードローンの金利が高いことは承知しておきましょう。

オリックス銀行カードローンの申し込みの流れ

オリックス銀行は店舗を持たない銀行ですが、カードローンの申し込みはPCやスマホから、ネット経由で手軽に行うことができます。
オリックス銀行カードローンの申し込みの流れをチェックしておきましょう。

インターネットから申し込みフォームに入力を行うと、オリックス銀行から受付のメールが送られてきます。そのメールに従って受信確認を行いましょう。(それによって審査結果などの案内がメールで送られてきます)
↓
申し込み内容に基づいて審査が行われます。
↓
その後、勤務先への在籍確認が行われます。
↓
ローンカードが自宅に郵送されます。
↓
登録メールアドレス宛に必要書類アップロード用のURLが送付されるので、それに従って必要書類を提出します。
↓
オリックス銀行カードローンの「メンバーズナビ」にログインし、カード番号とパスワードを入力しましょう。振込融資希望の場合、メンバーズナビから手続きを行うと指定口座への振込で融資が受けられます。ローンカードを使ってATMから借り入れをすることもできます。

申し込みの流れを見るとわかる通り、ローンカードが利用できるのは必要書類を提出したあとですから、この点は注意しましょう。
また、郵送物の送付先を勤務先にしていても、ローンカードについては必ず自宅へ郵送されますから、誤解のないようにしましょう。

オリックス銀行カードローンの目次に戻る

オリックス銀行カードローンの審査

オリックス銀行カードローンは審査が甘いという評判があるようですが、本当なのでしょうか。
申し込み条件や審査時間などと一緒に見ていきましょう。

オリックス銀行カードローンの申し込み条件

オリックス銀行カードローンに申し込みができるのは以下のような人となっています。

・申し込み時点で満20歳~69歳未満である
・毎月安定した収入がある
・日本国内に住んでいる(または永住権、特別永住権を有する外国籍)
・保証会社(オリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社)の保証を受けられる

勤務形態などの条件は特に設けられておらず、パートの主婦やアルバイトに励むフリーター、個人事業主(自営業)などでも申し込みできます。
ただし、専業主婦や学生は申し込みできないので注意しましょう。

オリックス銀行カードローンの審査は甘い?

甘いホットケーキ
オリックス銀行カードローンの申し込み条件を見ると、前年の税込み年収や勤続年数、雇用形態などといった細かい条件は設けられていません。
ですから、そこまで厳しい審査ではないと考えられます。

「原則」毎月安定した収入のある人となっていますし、正社員じゃないと申し込みできない、ある程度の年収がないと申し込みできない、というわけではありません。
ネット銀行と同程度の水準といったところですね。

銀行ということで、消費者金融以上の一定の難易度は見込まれますが、それほど身構える必要はないでしょう。

オリックス銀行カードローンの目次に戻る

オリックス銀行カードローンの審査時間

オリックス銀行カードローンの審査時間は、消費者金融ほど早くないので注意が必要です。

オリックス銀行カードローンに限らず、銀行カードローンは基本的に、即日で審査結果の回答を得ることはできません。
これは、2018年1月以降の銀行カードローンの審査において、警察庁の反社会的勢力データベースを参照することが必須になったからです。
現在の銀行カードローンはどこも、即日審査結果回答ができなくなっていると理解しておきましょう。
契約してからの即日融資、といったケースに対応できるのは、消費者金融となります。
審査待ちの女性
オリックス銀行カードローンはなるべく迅速な審査結果回答を心掛けているようですが、土日を挟んだ場合などはどうしても時間がかかってしまうでしょう。
具体的に〇日で回答できるというアピールがされていないので、あるていど待たされる可能性があると思っておいたほうがよさそうです。

なお、オリックス銀行カードローンの審査結果通知については、仮審査に通すれば電話、否決ならメールか書面での連絡となります。

オリックス銀行カードローンの目次に戻る

オリックス銀行カードローンで審査落ちする人

オリックス銀行カードローンの審査はさほど厳しいものではなさそうですが、とはいえ銀行カードローンですから、誰でも審査に通るわけではありません。
どのような人がオリックス銀行カードローンで審査落ちとなるのか、傾向を知っておきましょう。

ブラック状態の人

借金に関する用語として「ブラックリスト」という言葉を聞いたことがある人も多いでしょう。
実は、ブラックリストと呼ばれるもの自体は存在していません。
クレジットヒストリー(信用情報)が登録されている信用情報機関に金融事故情報が記録されている人のことを、いわゆる「ブラック」とか「ブラックリスト入り」などと言っているのです。

ブラック状態になってしまうのは
・カードローン、クレカ、携帯料金などを2~3カ月以上滞納している人
・債務整理をした人

などです。

一度延滞などによって事故情報が登録されてしまうと、完済してからも5年程度は信用情報機関にその情報が残ってしまいます。
また、債務整理の場合、5~10年程度はその情報が残ります。(登録期間はケースや信用情報機関によって異なる)

ブラックでも通るカードローンを探しているという人もいるかもしれませんが、一般的にはブラックでも通るカードローンはありません。
もちろん、オリックス銀行カードローンもブラックでは審査に通りません。

 

他社での借入れ金額、件数が多い人

カードローンの審査では、他社でどのくらい借金をしているかという点は必ずチェックされます。
他社での借入金額が多い、多数の金融機関から借りているとなると、審査落ちになる可能性が高いです。

オリックス銀行カードローンは銀行カードローンなので総量規制は受けませんが、それでも、年収とのバランスがとれていないと判断されれば審査落ちしてしまいます。

審査に通りたいなら、完済できそうなカードローンは先に返済を終え、あらかじめ他社の借金の件数や金額を減らしておくと良いでしょう。

 

短期間に複数の借入れ申し込みをしている人

意外に思われるかもしれませんが、実際に借入をしていなくても、短期間に多くのカードローンやクレジットカードに申し込みした人も審査落ちしやすくなります。
このような人は「申し込みブラック」などと呼ばれ、カードローンの審査では敬遠されがちです。

やはり、それだけお金に困っているという印象を与えてしまいますし、お金にルーズな人だと疑われる可能性もあるでしょう。
金融機関側からすれば、返済不能になるリスクをもっとも気にしますから、審査に落ちても仕方ないと言えますね。

申し込みの記録は半年程度、信用情報機関に残ります。
むやみな申し込みはデメリットにつながるので、慎重に行うようにしましょう。

 

オリックス銀行カードローンの目次に戻る

オリックス銀行カードローンの在籍確認

次は、カードローンの審査において抵抗を感じる人も多い、在籍確認についてお話します。

申し込み者が本当にその職場に在籍しているかを確認するこの手続きは、一般的に会社への電話連絡という形で行われます。
オリックス銀行カードローンの在籍確認も同様で、公式サイトにも明記された、回避できないステップとなっています。
仮審査に通過したあと、オリックス銀行から職場へ電話連絡が入るものと覚悟しておきましょう。

在籍確認の電話によって会社の同僚にカードローン申込みがバレるのが嫌な人もいるかもしれませんが、心配は無用です。
オリックス銀行カードローンの在籍確認では、オリックス銀行の社名ではなく担当者の個人名で電話がかけられます。
ですから、電話を受けた人に銀行からだと知られることはありません。
オペレーター
もし在籍確認の担当者が田中さんだったら、「田中と申しますが○○さんはいらっしゃいますか?」といった内容になります。
本人以外に「カードローンの件で……」などとは絶対に言いませんし、1分以内~長くても数分程度で終わる電話ですから、安心して大丈夫です。

出張や営業などで職場を留守にすることが多い人であっても、
「○○は本日休みを取っております」
「○○はただいま外回りに出ております」

など、会社に所属している事実が明らかな返答さえ得られれば、在籍確認は完了します。

それでも、事情があって在籍確認に不安があると言う人は、事前にオリックス銀行に問い合わせをしておくようにしましょう。

オリックス銀行カードローンの目次に戻る

オリックス銀行カードローンは総量規制の対象外

食べ過ぎたネコ
オリックス銀行カードローンは銀行のカードローンなので、銀行法に従うサービスです。
年収の3分の1を超える貸し付けを禁止する総量規制は、貸金業法が適用される消費者金融のサービスが対象なので、オリックス銀行カードローンは対象になりません。

ただ、年収に対してあまりに多く借金があると、いくら総量規制の対象にならないとはいえ審査落ちする可能性は高くなります。
審査に通過したとしても、実際に借り入れできる限度額は低く設定されてしまうかもしれません。

最近では、健全な運営のために自主規制を取り入れている銀行がほとんどですから、総量規制の対象ではないことをアテにしないようにしましょう。

総量規制は借金の目安ではありませんから、常にそのときの自分を客観的に判断するようにしてくださいね。

オリックス銀行カードローンの目次に戻る

オリックス銀行カードローンの借入方法

オリックス銀行カードローンの借入れ方法
審査に通過できれば、オリックス銀行カードローンを利用できます。
オリックス銀行カードローンの借入れや返済の方法を確認していきましょう。
まずは借入方法から。

【振込融資】
申し込みを行うと、指定の金融機関の口座へ振り込みで融資が受けられます。
申し込みはPCやスマホから、オリックス銀行カードローンの専用サイト「メンバーズナビ」にログインして行うことができます。
また、電話申し込みもできます。
カードデスクの受付時間は9時~18時で、土日祝日や年末年始は休業ですから注意してください。
【提携atmからの引き出し】
自宅に郵送されるローンカードで、提携ATMから借り入れを行うことができます。
ATM手数料が無料が嬉しく、利用限度額を超えなければ何度でも借り入れができます。
セブン銀行ATM、E-net、ローソン銀行ATM、イオン銀行など、コンビニエンスストアやスーパーなどに設置されているATMのほか、三菱UFJ銀行や三井住友銀行、西日本シティ銀行、ゆうちょ銀行のATMからも借り入れができます。
提携ATMは全国に99,000台以上あり、この利便性はオリックス銀行カードローンの長所と言えるでしょう。

オリックス銀行カードローンの目次に戻る

オリックス銀行カードローンの返済方法

オリックス銀行カードローンの返済方法
次はオリックス銀行カードローンの返済方法を説明します。

オリックス銀行の返済には約定返済随時返済があります。
詳しく見ていくことにしましょう。

【口座引落し返済】
指定の口座から自動で引き落としによる約定返済が行われます。
引き落とし日は毎月10日か月末(いずれかを選択可)ですから、返済日の前日までに口座に入金しておきましょう。

メンバーズナビから増額返済申し込みを行うことによって、毎月の返済日に随時返済(増額返済または一括返済)も可能。
随時返済をしたい場合にはあらかじめ申し込みを行いましょう。

【ATM返済】
提携のATMから、ローンカードで返済をすることができます。
買い物のついでや仕事の休憩中などにコンビニで返済することができて便利です。
手数料はかからず、随時返済も可能です。
【振込返済】
返済専用口座へ振り込みで返済できます。
返済専用口座の口座番号は、オリックス銀行カードローンの専用サイト「メンバーズナビ」にログインすることでチェックできます。
こちらの方法でも、随時返済可能です。

約定返済は、基準日(約定返済日14日前の午前3時)から約定返済日までに行いましょう。
これより前に返済してしまうと、前回の返済の追加返済(随時返済)とみなされてしまいますからくれぐれも注意してくださいね。
約定返済日以外にも、随時返済(繰り上げ返済)ができるので、財布に余裕のあるときは積極的に返済していきましょう。

逆に、返済が遅れてしまうと借入残高に応じて「遅延損害金」が発生すので注意してください。
オリックス銀行カードローンの遅延損害金利率は、借入利率+2.1%(年率)となっています。 

オリックス銀行カードローンの返済額

オリックス銀行カードローンの返済は、「残高スライドリボルビング方式」になっていて、月々の返済額は借入残高によって異なります↓

オリックス銀行カードローン返済額の表

(公式サイトより)

公式サイトでは返済シミュレーションができるので、そちらも活用して計画的に利用しましょう。

オリックス銀行カードローンの目次に戻る

オリックス銀行カードローンの増額

オリックス銀行カードローン増額
オリックス銀行カードローンの限度額をもっと増やしたい、追加融資を受けたいという場合、利用限度額を増額(増枠)してもらうこともできます。

増額したい場合は、カードデスク電話で申し込みを行いましょう。
受付時間は9時~18時、土日祝日、年末年始は休業です。

申し込みすれば誰でも増額できるわけではなく、より難易度の高い増額審査に通過する必要があります。
オリックス銀行カードローンを契約してから、少なくとも半年はコンスタントに利用し、遅れずに返済していないと、審査通過は難しいでしょう。

増額申請は、むやみに行わないほうが良い可能性もあります。
増額審査でマイナス情報が見つかってしまうと、今よりもむしろ限度額を減額されてしまう危険があるからです。

増額審査に通る自信はないがもっと借りたい、という人は、他のカードローンの新規申し込みも検討してみましょう。
その場合はくれぐれも、借りすぎに注意してください。

オリックス銀行カードローンの目次に戻る

オリックス銀行カードローンの口コミ評判

最後に、オリックス銀行カードローンの口コミ評判を紹介します。
特定のカードローンの利用者を見つけるのは難しいですし、いたとしてもデリケートなお金の話はしにくいもの。
ぜひ参考にしてみてください。

手数料無料なのが良いです(30代女性)

30代女性
ショッピングや海外旅行が好きなので、たまにカードローンを利用します。
オリックス銀行カードローンに決めた理由は、借入も返済もATM手数料が無料だったからです。
これまでいくつかカードローンの利用を検討しましたが、どれも説明をよく見ると下に小さく「ATMの利用には所定の手数料がかかります」と書かれていることが多いです。
利用回数によってはATM手数料は痛い出費なので、できればない方が嬉しいということで金利より重視して選択肢をしぼっていったらオリックス銀行カードローンになりました。
私は余裕があるとすぐ返済しちゃいたい人なので、こまめな返済でも手数料がかからないオリックス銀行カードローンは自分に合ってると思います。

子の進学費用として利用(40代男性)

40代男性
子の大学進学が決まったが、学費のほかに下宿の費用や引っ越し費用など、予想以上の出費となることがわかり、急きょ借りることに。
学資ローンは時間と手間がかかるし、カードローンならその後もあったら便利だろうと思い、選択。
オリックス銀行カードローンはインターネットから借り入れができ、多忙でも仕事の合間に申し込め、何かとスムーズでよい。

オリックス銀行カードローンの目次に戻る


 
オリックス銀行カードローンの金利や審査などの解説は以上です。

個人的な結論としては、

・金利より手数料を重視したい
・オリックスをひいきにしている
・とにかく銀行の安心感を感じたい

といった人にとっては、オリックス銀行カードローンという選択はアリだと思います。

一方で、

・必要なときにすぐ借りたい
・少しでも低金利で利用したい

といったこだわりがあるひとは、個人融資の専門家ともいえる消費者金融のサービスを利用するのがよいでしょう。

例えば、最短1時間融資のプロミスや、銀行より金利の低いJ.Score(ジェイスコア)などは、検討する価値があるかもしれません。

いずれにしても重要なのは、自分に最適なサービスはどれか、じっくり吟味して賢くお金を借りること。
「ご利用は計画的に」を忘れないようにしましょうね。

【J.Score(ジェイスコア)】
(※)貸付利率(実質年率)0.8%が適用されるのは、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、Yahoo!JAPANとの情報連携に同意した場合に限ります
(※)「いますぐお申込み」の場合はAIスコア診断と申込みが同時にできます
【アコム】
・最大30日間の無利息キャッシングは初めての契約者のみが対象です。
・自動契約機(むじんくん)の営業時間は8:00~22:00で、年末年始を除いて年中無休です(一部異なる場合あり)
【SMBCモビット】
・即日融資は、申込の曜日や時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります。
・学生、アルバイト、パート、自営業の人でも申し込めますが、利用には安定した収入があることが条件となります。
【プロミス】
・SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスの無利息キャッシングは、初回利用かつメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

※当サイトでいう「他社」は、使途自由の類似無担保融資サービスを提供している会社を表します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です