西日本シティ銀行カードローン「キャッシュエース」の増額審査の注意点

福岡市博多区に本店を構える西日本シティ銀行のカードローン「キャッシュエース」
キャッシュエースをすでに利用している人の中には、「もう少し利用限度額を増やせたらいいのにな……」と感じている人も多いかもしれませんね。

カードローンを増額するには、「増額審査」は避けて通れません。
もちろん、それは西日本シティ銀行のキャッシュエースも同じです。

そこでこちらでは、西日本シティ銀行カードローン「キャッシュエース」の増額審査の難易度や注意点などについてお話していきます。

西日本シティ銀行カードローンの増額審査の注意点

カードローンを利用していると、今ある枠では足りなくなってくるというケースも多いでしょう。
西日本シティ銀行カードローン「キャッシュエース」の利用者の中にも、増額を考えている人がいるでしょうから、増額の注意点を知っておきましょう。

増額審査は新規申し込みより厳しい

カードローンの新規申し込みは、安定した収入があれば比較的誰でも審査に通過するというイメージがありますよね。
しかし、増額審査に関してはそう簡単にはいかないことも多いです。

一般的にカードローンの増額審査は、新規申し込み時の審査よりも厳しいことがほとんど。
これまでよりも高額を融資するのですから、貸す側が慎重になるのも無理はないでしょう。

返済できるあてがない人に高額の融資をしてしまったら、貸し倒れになってしまいますからね。
増額審査では、これまでより高額の融資をしてもしっかり返済できる人なのかどうか、時間をかけてチェックされます。

少なくとも新規申し込み後6ヶ月以上経過している必要がある

明確な決まりがあるわけではないものの、一般的にカードローンの増額は少なくとも「新規申し込みから6ヶ月以上経過している」必要があるとされています。
つまり、新規申し込みをしてすぐに増額してもらおうと思っても、できないのが普通なのです。
なかには、新規申し込みから6ヶ月が経過していても簡単に増額できないカードローンもあるようです。

まだ西日本シティ銀行カードローンを利用し始めて間もない人は、増額とは別の手段として、他のカードローンの利用も検討してみましょう。

利用実績、返済実績を積む必要がある

カードローンの増額の条件として、「信用情報がブラックでないこと」はもはや必須です。
これがクリアできていなければまず増額は無理なのですが、ブラックでなければ誰でも増額できるとも限りません。

カードローンの増額をするには「利用実績や返済実績を積む」ことが必要。
返済の遅れもないけど借り入れもほとんどしていないという人の場合、増額できない可能性が高いです。

「ブラックじゃないのになぜダメなの?」と思うかもしれませんが、利用実績や返済実績がほとんどない場合、貸す側がしっかり返済してくれる人かどうかを判断する材料がないということになり、信用も築けていないのです。

属性に良い変化があれば望みがある

新規申し込み時に比べて、増額審査申し込み時の方が

・収入が大幅に増えている
・勤続年数が増えた

など、属性に良い変化があれば、増額審査におけるプラス要素になるかもしれません。

しかし、このような変化を実現するには時間がかかるもの。
いきなり年収が増えたら苦労しませんよね……。

カードローンの増額は、地道に目指すものと考えた方がよいと思います。

また、

・バイトを辞めて正社員になった
・派遣社員だったが正社員になった

など、非正規雇用だった人が、増額申し込み時に正社員になっているというケースもあるでしょう。

このような変化も増額審査に有利になることが多いですが、ここでも注意点があります。
勤続年数が短さによって、安定した収入と見なされない可能性があるのです。

正社員になって数年が経過していれば心配いりませんが、1年未満では、まだ気が早いかもしれません。

西日本シティ銀行カードローンは増額できるけど…

西日本シティ銀行カードローン「キャッシュエース」は他の多くのカードローン同様、増額審査に通過すれば増額可能です。
しかし、公式サイトを見ても増額の案内をなかなか見つけることができません。

カードローンによっては「増額のお申込みはこちら」という案内がわかりやすく表示されているのですが……
それをしていないところを見ると、西日本シティ銀行カードローンは増額に関してそこまで積極的ではないと読み取ることができそうです。

キャッシュエースの増額方法は、「よくある質問」の「カードローンの契約極度は増額できますか」という質問の回答欄を見ることで、ようやく知ることができるという状況です。

質問コーナーの回答欄によれば、「東京支店、大阪支店を除く西日本シティ銀行の窓口、パソコン、スマホ、電話」で、増額の申し込みができるようです。

この中で気軽にできる増額の申し込み方法といえばやっぱり「パソコン、スマホでの申し込み」ですよね。
しかし、増額を申し込むべく、質問コーナーの「お申込みはこちら」と書かれたところをクリックしてみると……
キャッシュエースの新規申し込み画面に飛ばされてしまいました。

(再度のお申込みとなります)という表記がありましたが、これは、イチから審査をやり直すという意味にも取れますよね。

新規申し込みと同じように再度申し込むといった増額方法だと、その審査に落ちたらカードローンの利用自体ができなくなってしまうケースもあります。
一方で、再度の申し込みをしてその審査に落ちても、増額はできないけれどカードローン自体は今まで通り使えるというケースも。

この判断は各金融機関によって異なり、西日本シティ銀行カードローンがどちらかは分かりません。
ネット上の口コミでは、「いきなり利用停止を食らった」というものも見られたので、安易な増額申し込みは踏みとどまった方が良いかもしれませんね。

返済遅れなどがある場合には要注意

先ほど増額の注意点でお話した通り、西日本シティ銀行カードローンの増額の申し込みとなると、それまでの利用状況や信用情報などもしっかりチェックされます。
ちょっとでも返済の遅れなどがあれば即アウトでしょうから、過去数カ月、問題なく利用できているか確認してみてください。
最悪、今ある枠までなくなってしまうことも考えられるので、1度くらいなら大丈夫だろう、という油断は禁物です。

そもそも50万円までしか借りられない人も

西日本シティ銀行カードローン「キャッシュエース」は、新入社員やパート、アルバイト、配偶者に安定した収入のある専業主婦、年金受給者なども申し込みができます。(学生はNG)
しかし、そういった人たちは最大で50万円までしか申し込みをすることができません。

いくら「増額したいな」と思っても、これらに該当する人たちはキャッシュエースで50万円以上借りるのは不可能なのです。

増額審査に通過できる自信がない人はほかの選択肢も

先ほどもお話した通り、キャッシュエースの増額審査に自信がない人は無理をしないほうがよいと言えます。

「自信がないけど、お金を借りないとどうにもならないし……」と困っているなら、増額とは別の選択肢も考えてみましょう。

たとえば、西日本シティ銀行カードローンの保証会社の1つになっている消費者金融の「アコム」なら、いちど審査基準を満たしたわけですから、借り入れできる可能性は高いでしょう。
アコムは新規申し込みなら「30日間金利0円サービス」が利用できるため、返済のタイミングによっては利息が一切かからずに借り入れできます。

また、金利の低さで注目されているローンには「J.Score(ジェイスコア)」「AIスコア・レンディング」があります。
当サイトとしても、最近人気を集めているJ.Score(ジェイスコア)の解説には力を入れているので、選択肢の一つに加えてみてください。


西日本シティ銀行カードローン「キャッシュエース」の増額の注意点についてお話してきました。

キャッシュエースの増額に関しては、公式サイトにわかりやすい案内はなく、ハードルは高めだと考えられます。
自分のステータスに良い変化があったり、返済実績を確実に積んでいたりする人でなければ難しいでしょう。

無理な増額は、枠を減らされたり利用停止になったりという危険がありますから、安易な増額はやめておいた方が無難です。

どうしてもお金が必要で困っているなら、西日本シティ銀行カードローンの保証会社のアコムや、低金利で話題のJ.Score(ジェイスコア)など、ほかの金融機関での借り入れも選択肢に入れてみましょう。

【J.Score(ジェイスコア)】
(※)貸付利率(実質年率)0.8%が適用されるのは、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、Yahoo!JAPANとの情報連携に同意した場合に限ります
(※)「いますぐお申込み」の場合はAIスコア診断と申込みが同時にできます
【アコム】
・最大30日間の無利息キャッシングは初めての契約者のみが対象です。
・自動契約機(むじんくん)の営業時間は8:00~22:00で、年末年始を除いて年中無休です(一部異なる場合あり)
【SMBCモビット】
・即日融資は、申込の曜日や時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります。
・学生、アルバイト、パート、自営業の人でも申し込めますが、利用には安定した収入があることが条件となります。
【プロミス】
・SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスの無利息キャッシングは、初回利用かつメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

※当サイトでいう「他社」は、使途自由の類似無担保融資サービスを提供している会社を表します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です