新生銀行スマートマネーレンディングは第二のJ.Score(ジェイスコア)となるか?

新生銀行は2019年3月、NTTドコモの回線契約者向けの金融サービス「新生銀行スマートマネーレンディング」を開始すると発表しました。

これは、NTTドコモが2019年3月から開始する予定の「ドコモ レンディングプラットフォーム」と金融機関との提携第一弾となるもの。
ドコモユーザーに対して融資を行う金融サービスです。

今回は、新生銀行が2019年3月開始予定の「新生銀行スマートマネーレンディング」について、まだ情報が少ないことは承知で調査してみましたので、ご報告いたします。

新生銀行スマートマネーレンディングってどんなサービス?

スマートマネーレンディングとは
2019年3月開始予定の新生銀行スマートマネーレンディング
いったいどのようなサービスなのか、気になるところですね。

新生銀行スマートマネーレンディングは、NTTドコモが2019年3月から提供を開始する予定の「ドコモ レンディングプラットフォーム」を審査時に活用し、利用者一人一人に合った取引条件の提示を実現する融資サービスです。

新生銀行グループは、長年レイク事業で個人向け無担保融資ローンの審査に関するノウハウを培ってきました。
そのノウハウに加えて、ドコモ レンディングプラットフォームのビッグデータから算出される信用スコアを審査に活用することにより、それぞれの利用者に最適化されたキメ細かい取引が期待できます。

スコアを活用したレンディングと言えば、みずほ銀行とソフトバンクが設立した会社「J.Score(ジェイスコア)」の「AIスコア・レンディング」が人気を集めていますね。

J.Score(ジェイスコア)最大の魅力は年0.8%~12.0%という圧倒的な低金利なわけですが、新生銀行がドコモと提携して開始される「新生銀行スマートマネーレンディング」は、第二のJ.Score(ジェイスコア)となるのでしょうか。

ひょっとしたらJ.Score(ジェイスコア)以上の低金利を実現するかもしれず、そうなればまたキャッシング界の勢力図に変動が見られるかもしれません……!

新生銀行スマートマネーレンディングの目次へ

ドコモ レンディングプラットフォームで算出される「信用スコア」を審査に活用

先ほど、ドコモ レンディングプラットフォームから算出される「信用スコア」を審査に活用するとお話ししました。
この信用スコアについて、こちらでもう少し詳しく申し上げます。

ドコモ レンディングプラットフォームの信用スコアは、

・NTTドコモと契約者との契約内容
・ドコモの回線の利用期間
・携帯料金の支払い履歴
・金融サービスの利用状況
・コンテンツサービスの利用状況 など

これらのデータをもとに算出され、契約者一人一人違ったスコアが出てきます。

もしかしたら「勝手にスコアリングされるのはあまり気分が良くない」と思った人もいるのではないでしょうか。

でも、心配はいりません。
信用スコアは融資サービスを利用するときに、契約者本人の同意のもとに算出されることになっています。
また、この信用スコアは金融サービスの手続き中のみ活用されるものとなっており、別の目的で利用される心配はありません

新生銀行スマートマネーレンディングの目次へ

スマートフォンアプリ「レンディングマネージャー」を使って取引を行う

レンディングマネージャー
新生銀行スマートマネーレンディングは、NTTドコモのスマートフォンアプリ「レンディングマネージャー」を利用して取引を行います。
スマートフォンのみで借入から返済まですべてが完結するようになっており、ローンカードは必要ありません

ローンカードはうっかり財布に入れ忘れてしまうことも多く、いざお金を借りようと思った時に困ることもあると思います。
また、家族や友人にローンカードを見られてしまって、お金を借りていることがバレてしまったという経験がある人も少なくないでしょう。
毎日持ち歩くスマートフォンで手軽に取引をすることができ、周囲にバレにくいのは大きなメリットと言えます。

取引以外にも、借り入れ状況の確認や口座の収支などをチェックできる機能、借り入れのシミュレーションができて計画的な借り入れをサポートしてくれる機能、返済を忘れないための通知機能などが搭載されます。
また、家計の状況や借り入れの状況を可視化することにより、返済計画をアドバイスしてくれる機能も。
この機能においては、家計簿アプリなどのサービスを提供している「マネーフォワード」と提携しています。

↓マネーフォワードはお金の管理に役立つスマホアプリ。
無料なので、どんなアドバイスをしてくれるのか、今のうちに試してみてもよいかもしれません

マネーフォワード

お金のことは、家族であれ友人であれ、なかなか相談するのは難しいものです。
そんな借りる返すの問題にアドバイスをしてもらえるのも、スマートマネーレンディングの新しい一面なのではないでしょうか。

新生銀行スマートマネーレンディングは、スマートフォンを生活のさまざまなシーンで活用することが多くなった現代にぴったりの融資サービスと言えるでしょう。

新生銀行スマートマネーレンディングの目次へ

まとめ
NTTドコモの回線契約者向けに2019年3月より開始される予定の融資サービス「新生銀行スマートマネーレンディング」についてお話してきました。

新生銀行スマートマネーレンディングでは、新生銀行グループが長年培ってきた審査ノウハウと、NTTドコモが2019年3月に開始予定の「ドコモ レンディングプラットフォーム」が算出する信用スコアによってより利用者にマッチした取引条件を提案します。
さらに、NTTドコモが提供するスマートフォンアプリ「レンディングマネージャー」を利用することにより、借入から返済までがアプリだけで完結。カードレスで融資サービスを利用することが可能です。

よりきめ細かく私たちの生活に寄り添ってくれそうな新生銀行スマートマネーレンディング。サービス開始に期待が膨らみますね。

【J.Score(ジェイスコア)】
(※)貸付利率(実質年率)0.8%が適用されるのは、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、Yahoo!JAPANとの情報連携に同意した場合に限ります
(※)「いますぐお申込み」の場合はAIスコア診断と申込みが同時にできます
【アコム】
・最大30日間の無利息キャッシングは初めての契約者のみが対象です。
・自動契約機(むじんくん)の営業時間は8:00~22:00で、年末年始を除いて年中無休です(一部異なる場合あり)
【SMBCモビット】
・即日融資は、申込の曜日や時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります。
・学生、アルバイト、パート、自営業の人でも申し込めますが、利用には安定した収入があることが条件となります。
【プロミス】
・SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスの無利息キャッシングは、初回利用かつメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

※当サイトでいう「他社」は、使途自由の類似無担保融資サービスを提供している会社を表します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です