アコムの利用限度額を決定する要因と増額する方法を徹底解説!

アコム増額解説記事のアイキャッチ アコム

今回の記事では、アコムの利用限度額を決定する要因と、アコムで増額する方法について徹底解説します。

アコムの借入限度額

まずは、アコムの借入限度額について解説していきますね。
アコムでは、『お借入額:1万円~800万円』と定めており、1万円単位で最高800万円まで借り入れることが可能です。
しかし、これはあくまでもアコムの提供しているローン商品の金額であり、実際にいくら借りることができるのかは、一人一人の『借り入れ限度額』によって決まります。

アコムの借入限度額は審査によって決められるため、個人差があります。
たとえば、借入限度額は100万円の方であれば、「1万円~100万円」の範囲内で1万円単位の借り入れができるでしょう。
借入限度額が10万円の方であれば、「1万円~10万円」の範囲内で借入という形になります。

最初の借入額はいくらなの?

申し込みをして最初に設定される借入限度額は『10万円~50万円』程度が一般的であり、申し込み後すぐに数百万円単位の高額の限度額を設定してもらえることは非常に稀です。

アコムでは、年収ごとの初回の平均貸付単価のデータを定期的に公表しています。
2020年2月現在で公表されている最新2データを表にしてみました。

【2019年9月】

年収 割合 初回の平均貸付単価
200万円以下 24% 125,000円
200万円超~500万円以下 65.9% 167,000円
500万円超~700万円以下 6.8% 212,000円
700万円超~1,000万円以下 2.5% 239,000円
1,000万円超~ 0.8% 315,000円

全年収に対する初回平均貸付単価は、約163,000円となります。
では、2019年の12月のデータも見てみましょう。

【2019年12月】

年収 割合 初回の平均貸付単価
200万円以下 24.5% 124,000円
200万円超~500万円以下 65.4% 168,000円
500万円超~700万円以下 6.7% 212,000円
700万円超~1,000万円以下 2.6% 241,000円
1,000万円超~ 0.8% 321,000円

こちらの全年収における初回平均貸付単価も、約163,000円となりました。

上記のデータによると、年収が1,000万円以上の人であっても、アコムにおける初めての借入金額は平均して30万円程しかありません。申し込み者の中でもっとも割合の高い、年収200万円超~500万円以下の人に関しては168,000円と、20万円以下となっています。
全年収における初回の貸付の平均額を見ると、2019年9月、12月のデータは共に163,000円となっています。

このデータをみて「こんな金額じゃ絶対に足りない!」と思った方も多いでしょう。
そこで重要となってくるのが限度額の増額です。
限度額は、申し込み時の審査で設定された金額をずっと継続していかなければならないという決まりはありません。自分の必要に応じて増額の申請をすることができるのです。

では、これに続き、「最大借入金額」についても見ていきましょうか。

最大借入額はいくら?

いきなり結論から言ってしまいますね。
アコムの最大借入金額は800万円です。
果たして、この金額が多いのか少ないのか、他の消費者金融/銀行の提供している個人向けローン商品と比較してみましょうか。

消費者金融/銀行名 最大借入額
アコム 800万円
プロミス 500万円
アイフル 800万円
レイクALSA 500万円
SMBCモビット 800万円
楽天銀行スーパーローン 800万円
三菱UFJ銀行バンクイック 500万円
三井住友銀行カードローン 800万円
オリックス銀行カードローン 800万円
みずほ銀行カードローン 800万円

※上の表は、2020年3月時点のデータとなります。

このように、大手の消費者金融と銀行のカードローンでは、最高限度額を500万円または800万円に設定していることが一般的です。
カードローンのような個人向け融資において、800万円以上の最高限度額を設けている消費者金融や銀行はそう多くありません。たまに、最高限度額を1,000万円以上に設定しているローン商品もありますが、審査が厳しいなどのデメリットも発生してきます。
ちなみに、中小規模の消費者金融や小口専門の消費者金融などだと、最高限度額を500万円以下に設定している業者もあります。

アコム限度額の目次に戻る

アコムの限度額の決定に関わるポイント

この記事を読んでいる人は「限度額は低くてもいいや」と思っている訳ではありませんよね?
できれば自分の希望の金額に近い限度額を設定してもらいたいはずです。

アコムの申し込み時の審査では、この申し込み者にお金を貸してもよいか、という判断と共に、限度額をいくらに設定するか、という見極めも行われます。

限度額を決定するにあたって重要視されていると推測される4つのポイントをご紹介します。
ポイントは以下の4つとなります。

1.総量規制に引っかからないか
2.属性に問題はないか
3.在籍確認を行えるか
4.過去の延滞履歴があるかどうか

これらのポイントをクリアしていくことで、申し込み審査だけでなく限度額決定に関しても有利に進めていけるでしょう。
それでは順番に紹介していきますね。

1.総量規制に引っかからないか

まずは自分の希望している限度額が、総量規制に引っかからないかどうかを確認しましょう。

総量規制は、個人の借入額が年収の3分の1までに制限される仕組みです。
貸金業法第13条にて定められており、違反して貸出をした場合は行政処分がくだります。

総量規制は、借りすぎによる生活破綻や多重債務による金銭トラブルから、国民を守るために定められました。
法律で定められた決まり事であるため、どんなに年収や預貯金があって優良企業に勤めていたとしても、年収の3分の1以上の金額を借り入れることはできません。

また、この“年収の3分の1”という金額は、他の金融機関からの借入と併せた金額である点が要注意です。
たとえば、年収が300万円の人は、最大で100万円までの借入を行うことができます。
この人が、「クレジットカードのキャッシングが20万円」「他の消費者金融から30万円」をしていた場合、アコムで借入ができるのは最大でも50万円までとなります。
年収の3分の1が100万円だからといって、クレジットカードからも100万円・アコムからも100万円・他の銀行からも100万円という訳ではないということを頭に入れておきましょう。

2.属性に問題はないか

属性というのは、

・名前
・住所
・年収
・居住形態(賃貸・持ち家 など)
・家族構成
・居住年数
・勤続年数

などの個人の基本情報のことです。

アコム側は、審査する中で、個人の信用度と返済能力を見極めます。
信用度と返済能力が高ければ、審査に通過する可能性が高まり、借入限度額も大きくなるでしょう。

アコムに借入申し込みをするにあたって注意すべき点があります。
たとえ、自分の属性に自信がなくても、虚偽の記載をするのはやめておきましょう。
金融機関のカードローン審査は、信用情報機関の情報を照らし合わせて行われます。
そのため、虚偽の情報を記載しても、バレたり、怪しまれたりしてしまい、審査にマイナスな影響を与えてしまうでしょう。
申し込みの時は、書類に入力ミスがないか、しっかりと確認をして正しい申告をするようにしてくださいね。

3.在籍確認を行えるか

在籍確認は、申し込み者が申告してきた勤務先に本当に在籍しているのか否かを確認するものです。
金融機関に勤務先に連絡されると、職場の人間にバレると不安になる人もいますが、申し込み者のプライバシー保護という観点からも、金融機関名を名乗るケースは少ないです。
在籍確認の際は、金融機関の担当者が個人名を名乗り、企業に電話をかけて確認を取るのが一般的となります。

在籍確認は、申し込み者の信用度を測る上で非常に重要です。
勤務先について虚偽の申告を行っている人は、審査に通過することが難しいでしょう。
勤務先を偽る人にお金を貸しても大丈夫、と信用する気にはなりませんよね。
一方で、きちんと職場に在籍しているという確認が取れれば、
「きちんと仕事に就いている=一定の収入があり返済能力がある」
というアピールに繋がります。

在籍確認をスムーズにしてもらえるように下準備をしておくことは、審査を確実に通過して、無事に自分の希望の限度額を借りるために大切です。
会社員の場合であれば、取引先などから電話がかかってくることも多いため、電話連絡は問題ない、という方も多いでしょう。

派遣社員や契約社員といった雇用先と勤務先が異なる場合などは、在籍確認の電話をどこにかけたら良いのかを確認しておくとよいでしょう。
アコムでは、申し込みに申請した電話番号に電話をかけます。
この番号が、勤務先なのか雇用元なのか・どちらの方が在籍確認をするにあたってスムーズなのかを調べておくのがおすすめです。

会社バレが心配な人もいますが、在籍確認の電話でアコムから借りることがバレることはまずありません。
自分宛てに電話がかかってくると、会社の人に怪しまれてしまう、と不安な人は
「クレジットカードの申し込みをしたので在籍確認の電話連絡がくるかもしれない」
など、職場にカムフラージュをしておくと良いでしょう。

4.過去の延滞履歴があるかどうか

他社での延滞履歴もアコムの審査に影響を与えます。
例えば、自分の持っているクレジットカードの支払いの延滞や、他の金融機関で契約したローン商品の返済の延滞などです。
信用情報機関には、これらの延滞履歴がしっかりと保存されています。
そのため、アコムの申し込みが初めてであったとしても、過去の延滞情報がアコムにバレてしまうのです。

もし、あなたがお金を貸す立場であったとしても、他社で延滞を繰り返している履歴がある人に、高い限度額を与えようとは思いませんよね。
なので、これからアコムに申しこむという人は、今現在、自分が持っている金融契約商品の延滞を起こさないようにすることが大切です。

アコム限度額の目次に戻る

アコムで増額する方法

最大で800万円の借入ができるアコムですが、初めに設定される限度額は決して高額ではありません。
アコム側も、申し込み者がお金に関してどのような感覚をもった人なのかを見極めきれていないため、リスクを背負わないように低めの限度額を設定するのでしょう。

アコムのローンカードが発行されたのはいいけれど「限度額が足りない!」となった場合に行うのが“限度額の増額”です。
アコムでは4つの増額申し込みの方法を用意しています。
それぞれに特徴がありますので、自分にあった方法で申し込みをしましょう。

▼会員ページで増額申し込み(インターネット申し込み)
▼電話での増額申し込み
▼店頭窓口と自動契約機(むじんくん)での増額申し込み
それでは、こちらも順番に解説していきます。

▼会員ページで増額申し込み(インターネット申し込み)

最も気軽にできて利用者も多いのが、このインターネット申し込みです。
アコムの公式ぺージから会員ログイン後、そのままネット上で手続きを行えます。
WEB上で本人確認書類をアップロードという形で提出することで申し込みが完了します。
24時間いつでも好きな時間に手続きを行うことができ、非常に便利です。

▼電話での増額申し込み

電話でも増額申請を行うことができます。
対応は平日のみとなっていますので注意しましょう。

アコム総合カードローンデスク:0120-629-215(平日9:00~18:00)

▼店頭窓口と自動契約機(むじんくん)での増額申し込み

店頭窓口 平日のみ 9:30~18:00
自動契約機 年中無休 8:00~22:00

アコムは、店頭窓口や自動契約機をつかって増額申請を行うこともできます。
その際は、運転免許証などの本人確認書類を持参していきましょう。
こちらも24時間対応ではありませんので、申し込みの時間は要チェックです。

アコム限度額の目次に戻る

アコムの増額審査とは

先ほど、アコムは『自分の希望に合わせて増額の申請をすることができる』と記載しましたが、これはあくまでも“申請”です。申請したからといって、必ず自分の希望の限度額まで増額手続きをしてくれるという訳ではありません。

アコムは、増額申請を受付けたあと、『増額審査』と呼ばれる審査を行い、限度額を増額することができるか否かを見極めていきます。

この増額審査がどのようなものなのか・どういった点を重視して行っているのか、を検証してみました。

増額申請には収入証明書が必要になる

アコムでは、契約極度額の増額審査の際に、収入証明書による年収確認を必須事項としています。
以下で紹介する収入証明書のいずれか1つをインターネットやFAX・自動契約機などで提出しましょう。

【収入証明書】

1. 源泉徴収票
・最新年度のもの ・契約者本人のもの
・支払い金額(年収額)と現在の勤務先が記載されているもの  が有効

2. 市民税・県民税額決定通知書
3. 所得証明書
4. 確定申告書・青色申告書・収支内訳書
5. 給与明細

アコムでは、上記の5種類を収入証明書として認めています。
そして、アコムが公式ページにて『推奨』としているのは1の源泉徴収票です。

2~5についても、源泉徴収票と同じく有効な書類であるための細かい決まりがありますので、アコムのホームページにて確認してみてくださいね。

アコムでは、収入証明書類によって、顧客の年収と勤務先に関する情報を再確認すると共に、総量規制などの観点から増額が可能か否かを判断しているものと考えられます。

増額審査にかかる時間は2営業日ほど

増額審査は、申し込みをして即日回答が出るものではありません。平均して2営業日後に結果が出ます。

また、「アコム総合カードローンデスク」に問い合わせると、増額可能か否かについてはその場で調べてもらうことができます。(正式に増額希望をする場合は、その後書類等の提出が必要です)
結果を急いでいるという方は、電話による申し込みが推奨されます。

アコム総合カードローンデスク:0120-629-215(平日9:00~18:00)

信用情報や契約期間などが影響していると想定

増額審査の内容については公表されていませんが、申し込み時と同じような審査が行われているものと予想されます。そういった意味では、信用情報機関に載っている情報は、かなり重要視される情報であると言えるでしょう。また、いままでのアコムの利用の仕方やアコム契約期間なども、利用者の信用力を測るカギとなります。

信用情報は特に問題なし(他社での借り入れもなし)、という人でも、
“アコムでの利用実績がほとんどない”
“アコムで過去、返済遅延を繰り返している”

という人は、増額しても本当にしっかり返済してくれるのかな? と不安になりますよね。

反対に、アコムで継続的にお金を借りており利用実績があり、毎月遅れることなくきちんと返済しているという人でも
“他社での借り入れ金額が高額”
“他社で返済遅延がある”
“金融事故情報あり”

といったような情報が信用情報に載っていると審査は厳しいものとなるでしょう。

増額審査を有利に進めていくためには、
「信用情報」
「アコムでの契約期間や実績」
どちらか一方だけが良ければいい、という訳ではありません。
申し込み時と同じように、総合的に個人の返済能力を判断して審査結果が導きだされるものと考えられます。

アコム限度額の目次に戻る

アコム増額のQ&A

アコムの増額に関するQ&Aもまとめましたので、こちらも併せて参考にしてみてくださいね。

Q,1 ご利用可能額は何で確認できますか?

A:確認方法は4つあります。

1. インターネット (会員ログイン後、マイページにて確認)
2. コールセンター(24時間自動音声対応 0120-134-567)
3. ATM
4. 店舗

Q,2 利用限度額は返済額に影響しますか?

A:影響しません。
アコムでは、借入金額に合わせて毎月の返済金額が決まります。
利用限度額が影響するのは、適用金利です。

アコム限度額の目次に戻る

【J.Score(ジェイスコア)】
(※)貸付利率0.8%の適用は、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、Yahoo!JAPANとの情報連携に同意した場合のみ
(※)「いますぐお申込み」はAIスコア診断と申込みが同時に可能
【プロミス】
・初回の無利息サービスはメールアドレスとWeb明細利用の登録が必要

※当サイトでいう「他社」は、使途自由の類似無担保融資サービスを提供している会社を表します。
アコム
シェアする
【お金の森】