西日本シティ銀行カードローン『キャッシュエースプラス(A)』の審査の在籍確認は職場電話連絡なし?増額は可能?

imasia_7443876_XL

キャッシュエースプラス(A)の西日本シティ銀行カードローンは増額可能ですか?審査で在籍確認は職場に電話連絡なしですか?

西日本シティ銀行は福岡県を拠点とする地方銀行になります。
その西日本シティ銀行が取り扱っているカードローンがキャッシュエースプラス(A)となります。

キャッシュエースプラスの審査の際には在籍確認として職場への電話連絡が行われます。

この職場への電話による在籍確認は必須ですので、申し込み者の都合で電話連絡はしないでほしい・別の方法で在籍確認をしてほしいという希望は通りません。

また、増額も可能ではありますが、あまり大きな期待はしないほうがいいでしょう。
その理由は、融資限度額が10万円単位と大幅であることと共に、銀行カードローンの多くは職業ごとに融資限度額を予め設定しているからです。そのため、アルバイトやパート、主婦の方は増額を希望したとしても要求が通りくいと言えます。

それでは、審査時に職場への電話連絡なしで在籍確認なしで大丈夫なカードローンや、増額を希望して再審査で希望が通りやすいカードローンはどういったところがあるのでしょう?

その希望を叶えてくれる金融機関の中で、特にオススメなのがモビットとアコムです!

それでは、何故消費者金融であるこの2社を推したのか?

その大きな理由となるキーワードが、「職場への電話連絡なし」と「融資限度額の増額」です。

まず、職場への電話連絡なし。
この条件を満たすカードローンは、モビットとなります!
モビットには申し込みから融資までをすべてインターネットで行えるWEB完結申し込みというカードローンの申し込み方法があります。
通常なら申し込んだら担当者から電話が来るのですが、基本的にWEB完結申し込みの審査の連絡は電子メールで行われますので、電話に出にくいといった状況でも審査をスムーズに進めることができます(※ただし、担当者が審査の際確認が必要とした場合は、電話連絡(申し込み者の携帯電話宛)が行われる場合もあります)。

そして、WEB完結申し込みが他のカードローンと大きく違うところは、審査時に必要となる書類です。
簡単にまとめると、下に書いた書類の写しをすべて集めておく必要があります。

1.本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)
2.現在の収入を証明できる書類(源泉徴収票や確定申告書など)
3.健康保険証(社会保険証もしくは組合保険証)
4.直近1ヶ月分の給与明細書など

用意すべき書類の数は多いですが、これらが在籍確認の代わりとなってくれるため、職場への電話連絡をなしにしてくれるのです!
この在籍確認の手法を取っているのは現在のところ、モビット1社となります!
そのため、どうしても職場への電話連絡をなしにしてほしい!! という希望を叶えたいなら、モビットのWEB完結申し込みがオススメです!

また、アコムをオススメした理由は親身になって相談に乗ってくれるということです!
どんな些細な疑問や相談もその場ですぐに乗ってくれるので、借り方はもちろん、在籍確認をどのように・いつ・どんな人が行うのかといったことも相談することが可能です。
そのため、アコムには在籍確認として職場への電話連絡はありますが、事前に打ち合わせておくと対策を取ることも可能かと思います。
特に、この在籍確認はプライバシー保護に重要だということはアコム側も十分に承知しているため、たとえ職場に電話されたとしてもカードローンに申し込んだということがバレることはまずありません!

どうしてキャッシングの利用がバレないのか?
という点については次回詳しくご説明させていただきたいと思います!
そして、もう一つのキーワードの『増額』。この点についてもは、モビット・アコムと西日本シティ銀行カードローンを対比させながら、何故モビットやアコムの方が有利なのか?
といったことも事項では解説させていただきたいと思います!

btn-m btn-a imasia_11047188_XL

西日本シティ銀行カードローン『キャッシュエースプラス(A)』の審査基準、在籍確認の方法を教えて!増額審査は厳しいの?

前回は、西日本シティ銀行カードローンキャッシュエースプラス(A)には、審査時に必ず在籍確認として職場への電話連絡があることをお伝え致しました。
そして、そんな職場への電話連絡をなしにしたいならモビットの『WEB完結申し込み』がオススメであることも先ほどお伝えした通りになります。

それでは次に、キャッシュエースプラスの審査基準や在籍確認の方法についてご説明させていただきます。
まず、キャッシュエースプラスの審査基準となる点をまとめてみました。
これは、銀行カードローン、消費者金融カードローン共に共通している部分もありますので、以下共通している場合はまとめて『金融機関』と一括りにしています。

・年収
・過去5年以内のカードローンやクレジットカードの返済状況
・現在の他社の借入状況
・申込み時や審査の際に申請した個人情報の真偽

この中でも特に重要とされるのが、「個人情報の真偽」です。何故年収よりも真っ先にここが重要とされるのでしょうか?
まず、カードローンを取り扱っている金融期間にとって一番重要なことは、貸した相手がお金をちゃんと利息をつけて期限通りに払ってくれるか? ということです。
お金を借りたら返すのは当然ですが、もしも貸した相手が借りるだけ借りて雲隠れをしたり、返す気もないのに借入をし続けるような相手であれば、金融機関にとっては大きな痛手となります。

例えばこの記事を読んでいるあなたが見ず知らずの人にお金を貸す側の人間だとして、正直な人と嘘ばかりつくような人、どちらの人にならお金を貸すことができますか?
内容はともかくとして、嘘をつくような人を選ぶ人はまずいないかと思います。

そこで、金融機関は「原則としてお互い嘘をつかないようにしましょうね。そうすれば、あなたの年収や信用情報を元にして、これだけ貸しますよ・貸せませんよということをお知らせしますよ」という取り決めを定めたのです。
これを破れば、ほぼ確実に審査に通らないと考えて下さい。そのため、住所や氏名はもちろん、勤務先や年収、職種といった点についても、見栄を張らずに正直に答えたほうが結果的に審査に通りやすくなります。

次に、その他3点について見られますが、基本的に「過去の状況>現在の借入状況>年収」の順で重要度が増していきます。
まずは、お金をちゃんと返してくれるかどうか? そこが一番見られることは、消費者金融も銀行も共通していると考えておいて下さい。

在籍確認時に職場への電話連絡が行われるのも、申し込み者が嘘をついていないかどうかを確かめるためです。
だから、この項目は必須となるのです。

電話をされて、もし職場の人にバレたら…と不安に思われる方もいらっしゃるかもしれません。
でもその点はご安心いただければと思います!

金融機関は原則として在籍確認時の電話連絡で申し込み者本人以外には個人名のみを名乗ります。金融機関名やカードローンについての電話であることが伝えられることは一切ありません。

また、本人が不在であっても職場に在籍していることが分かれば、在籍確認はできたということになりますので、絶対に電話に出なくてはいけない、ということもありません。

ただし、審査の厳しさは全体を通して「銀行>消費者金融」となるため、どうしてもすぐにキャッシングをしなければならない! という状況ならアコムやモビットといった消費者金融の方が有利だと言えます。

また、これは融資限度額の増額にも言えます。
西日本シティ銀行カードローンは融資額を10万円単位で定めています。それに対して、アコムやモビットは融資額が1万円単位で決まっています。

また、西日本シティ銀行カードローンの増額審査は低金利な分、厳しいことが想定されるでしょう。

融資額の増額には過去の借入状況が良好だったり年収が増加することで有利に働きますが、それらの点がアコムやモビットの方が直結しやすいと言えるのです!
基本的には消費者金融の方が増額には積極的なため、再審査で増額という話もアコムやモビットの方が通りやすいと言えます!

そして、アコムには最大30日間の無利息キャッシングサービスがあります!
これを利用すれば、キャッシュエースプラスよりもお得に借入をすることもできます!

更に、アコムやモビットは土日祝日でも即日融資に対応しています!
困ったその時に頼りになれると非常に心強いものです。

以上の理由から、カードローンを利用するとしたら、是非アコムやモビットを利用されることをオススメ致します!

btn-a btn-m imasia_2552293_XL
※アコムの最大30日間の無利息キャッシングは、アコムでの借入が初めての方のみが対象となります。
※モビットの即日融資については、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります。
※モビットは学生、アルバイト、パート、自営業の方も借り入れできますが、その際は安定した収入があることが条件となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です