即日融資でお金を借りる方法と注意点とは?

急にまとまったお金が必要!でもそんな時に限ってお財布は空っぽ。。なんてことありますよね。
このような場合、どうやってお金を借りるのが一番早く現金を手にすることができるのかご存知ですか?
2018年に改定された銀行カードローンの情報も交えて、即日融資に関する最新情報をわかりやすく解説していきます。

お金を借りる方法はいくつある?


急に現金が必要となった時に、家族や友人からお金を借りるのはちょっと。。という場合、個人であっても金融機関からお金を借り入れることができます。
現在国内ではお金を借りる方法としてはローンかキャッシングの2択となっています。

ローンとは、銀行や消費者金融と契約を結んでお金を借りる方法です。
担保や保証人を必要とするものから、無担保で保証会社を立てるものまで様々な種類のものがあります。
契約を結ぶ際には審査があり、本人確認や会社への在籍確認を必要とします。審査によって、一人一人の限度額が決定します。
限度額の範囲内でお金を借り入れ、決まった方法・金額で月々返済を行っていきます。

個人が無担保で行えるものとしては『カードローン』というローンが主流です。
カードローンとは、金融機関が発行した専用のカードを使ってATMからお金を引き出して使うものを指します。金額は数万円~数百万円と高額にも対応しているのが特徴です。

一方でキャッシングとは、クレジットカードに付帯している機能のことでありキャッシングだけのカードというものはなく、もしキャッシングのみのカードがあるとすればそれはカードローンのカードでしょう。
貸出金額は数万円~数十万円と小口融資である点が特徴です。クレジットカードの限度額と合わせた限度額となっているため、ショッピングで高額決済をして利用可能枠を圧迫している場合などはキャッシングの利用も制限される場合があります。

ここでは、個人が無担保・保証人不要でお金を借りることができる『銀行系カードローン』『消費者金融カードローン』『クレジットカードのキャッシング』それぞれの特徴をまとめてみました。

銀行系カードローン

銀行が提供しているカードローンです。

銀行系カードローンの最大の特徴は『低金利』という点です。
消費者金融やクレジットカードよりも比較的低金利のローンが多く、金利を節約することができるというメリットがあります。

しかし低金利な分、誰でも契約を結ぶことができるというものではなく、申し込みの段階で年収や雇用体系を限定しているものもあり、比較的審査も厳しめです。
銀行窓口で契約をしなくてはならないものもあれば、インターネットでの手続きのみで契約が完了するもの存在します。

カードは郵便書留で送られてくるため、最短でも申し込みから1週間以上はかかってしまいます。
カードが手元に届く前でも、振込という形で融資を受けることができる銀行もあります。

銀行の多くは営業時間が9時から15時までとなっており営業時間外となってしまう関係上、振込の情報が反映するのが翌日になりやすいというデメリットがあります。

銀行によっても多少異なりますが、平均して申し込みから融資スタートまでの平均日数は10日~2週間となっています。
審査時間自体が2日~1週間ほどかかることが多く、そこから本人確認・カードの発行となりますので必然的に時間がかかります。

消費者金融でのカードローン

消費者金融が提供しているカードローンは、基本的に資金の利用は自由で自分の好きなことにお金を使うことができます。

金利は銀行カードローンよりも高いという印象がある方が多いと思いますが、「はじめての利用で30日無金利」「利用のポイントに応じて無金利になる」などのサービスを行っている企業も多いため、利用者の満足度も高く、一概に消費者金融を選ぶと損をするということではありません。

近年では、経営にAIを導入した新しいタイプの消費者金融も登場しています。
従来の消費者金融に比べて非常に低金利という特徴を持っています。
現段階では「J.Score(ジェイスコア)」という会社のみとなっておりますが、AIスコア・レンディング方式による低金利な消費者金融が、「低金利でお金を借りたいなら銀行へ」という今の日本の金融業界に革命的な変化をもたらすのではないかとも言われています。

消費者金融の最大の特徴は『融資までのスピード』です。インターネットから申し込みを行い、無人契約機を使って契約をすれば即日でカードを発行してもらえることも多いでしょう。契約完了後、すぐに自分の銀行口座宛に振込融資という形で融資を受けることもできます。
審査は、銀行系カードローンに比べて通りやすくなっており、安定した収入が証明できれば雇用体系や勤続年数などが原因となり審査落ちになることはあまりないと言えるでしょう。

審査など取引の受付対応時間は、平均して9時~22時まで行っているところが多く、仕事の昼休みに申込を行って、退社時には契約が完了して融資を受けられるようになっているというのも、多く見られる使い方です。

クレジットカードのキャッシング機能

クレジットカードに付帯しているキャッシング機能を使っても、お金を借り入れることができます。

クレジットカードすべてにキャッシング機能が付いている訳では無く、申し込み時に希望をだした場合のみ付いているケースやキャッシング機能をつけることができないクレジットカードもあります。
普段はクレジットカードとして決済に利用しているカードを、提携のATMに入れることでカードローンと同じ様に現金を引き出すことができるのです。

よく見られるのが、大型ショッピングモールや百貨店でのクレジットカード即日発行です。
これは、申し込みをしたその日から「すぐにお買物ができますよ」「今日から使える割引券プレゼント」といった呼びかけのもとで、カードの契約を勧めてくるものです。

今すぐに発行してもらえるのなら、キャッシングもできるの?というとそうではありません。
このような特設会場でのクレジットカード発行のほとんどが、国際ブランドやキャッシング機能のつかない仮カードなのです。クレジットカードの券面には、16桁のカード番号がデコボコと刻印されており、VISA・Master・JCBといった国際ブランドのマークや偽造防止のホログラムシールがあります。

しかし、即日発行は仮カードなのでこのようなものは一切なく、発行したショッピングモールとその提携店舗でのみ使える限定的なカードとなっているのです。
全く違うお店で利用したい場合や、キャッシング機能を使いたい場合には、2~3週間後に届く本カードを待つ必要が出てきます。

そのため即日融資を受けたいからといって、クレジットカードの即日発行を狙うのは間違いなのです。

また、クレジットカードは基本的にお金に困っている人向けに発行しているものではありませんので、カードローンよりも厳格な審査が行われます。
消費者金融のカードローンや銀行系のカードローンよりも審査のハードルは上がるものと考えておきましょう。
金利は、今回ご説明している3つの融資の方法の中で一番高いので注意しましょう。

これらの理由から、融資目的でクレジットカードを作るのはおススメできません。
日常のお買物などがメインで、「普段はまったく融資を使おうとは思わない」「海外旅行の際などに少し現地でキャッシングを利用する程度」といったキャッシングを使うのは極稀という方であれば、わざわざ使うかどうかもわからないカードローンを契約するのではなく、クレジットカードにお守り代わりにキャッシング機能を付ける程度で良いのではないでしょうか。

銀行カードローンでは即日融資ができなくなっています。


ひと昔前までは、「お金を借りるといえば消費者金融」というイメージがありました。
そのころは、銀行から融資を受けられるのは高額な収入のある人や不動産や土地を担保とできるなど限られた人のみとなっていました。

それから時代の経過と共に、銀行も一般向けの個人ローンの提供を始めました。
消費者金融より審査は厳しいとはいえ、全く審査に通らないという敷居が高いものではなく、普通に仕事をしていれば問題なくカードローンを契約できるようになってきたのです。

消費者金融やクレジットカードのキャッシング機能は「貸金業法」という法律に則って運営されています。
貸金業法では、総量規制といって『年収の3/1以上の金額は貸してはいけない』と定められています。
これは、借りすぎによる多重債務者を生みださないための政府の策であり、そのため専業主婦や学生といった就労のない人にはお金を貸すことはできませんでした。

一方で、銀行のカードローンについて定めているのは「銀行法」という法律であり、先ほどの貸金業法とは異なります。
銀行法では総量規制のような貸し出しに関する縛りがないため、専業主婦や学生でもカードローンを契約することができます。(本人の代わりに配偶者や家族に収入の収入を確認する場合があります)
加えて、消費者金融の強みであった『即日発行』『スピード発行』に対応する銀行が増えてきたことから、いつのまにか時代は『お金を借りるなら銀行カードローン』『消費者金融のメリットって何?』と変わっていったのです。

ところが、銀行カードローンの顧客が増えることで新たな問題が浮上してきました。それは「貸し過ぎ・借りすぎによる高額負債者の増加」です。

お金を貸す銀行側とすれば、貸せば貸すほど金利での収入が増えるため、貸したくなります。
借りる側としても、たくさん貸してもらえればたくさん使うことができるのでどんどん借りていきます。
そして、最終的には返済に困って家族や親類が代わりに返済を余儀なくされるといった事例が多発したのです。

このようなことが起こらないように、貸金業法で年収の3/1と定めていたにも関わらず銀行法にはこのような条件付けがないことで、銀行カードローン側で問題が起こってしまったのです。

そこで、政府は2018年1月より『銀行カードローンを提供する際は、契約者の返済能力をしっかりと見極めて、限度額を設定すること・反社会勢力にお金が回らないようにより厳しい審査を行うこと』という通達を全銀行に向けて言い渡しました。

この規制では、多重債務などのトラブルが起こらないように貸付自粛精度が導入され、家族がNOというと貸付を行うことができなくなりました。
また、貸し倒れとならないように厳格な審査を行うことも義務付けられています。
これに加えて、反社会勢力にお金を貸さないために、すべての申込者の審査において『警察のデータベースとの照合』を行う必要が義務付けられました。警察から照会結果の回答がでるのにかなり長い時間がかかっているという意見があります。

これにより、銀行では、カードローンの即日契約ができなくなり、申し込みから融資開始までに数日の日数を要することになりました。
特定の銀行だけがこのような措置を取っているのではなく、日本の銀行すべて同じような対応をとっております。
去年までは、「最短即日!」とホームぺージに記載していた銀行も、いまでは『審査には、一定の時間を頂いており、即日に回答は行っておりません』といった文言が掲載されています。

低金利に加えて、たくさん借りられる・融資までのスピードも速いと、無敵だった銀行系カードローンも、この政府からの通達によりメリットは従来の低金利のみという形に逆戻りしてしまったのです。

銀行系ローンの強みは「低金利」・消費者金融の強みは「スピード」と本来の立ち位置が戻ってきました。

即日融資ができるのはドコ?


ズバリ今現在、申し込みをしたその日にお金を借りることができるのは『消費者金融』だけです。
申し込みをパソコンやスマートフォンなどインターネットから行うことで、早い企業だと30分程で審査結果を知ることができます。

カードの発行も即日行いたい場合は、無人契約機や店頭窓口に出向く必要がでてきますが、近年では『振込融資』が主流となってきています。
振込融資とは、契約している消費者金融のマイページや専用のアプリケーションから、自分の銀行口座にお金を振り込むという形で融資を受けるものです。
この方法を使えば、カードローン用のカードが手元になくてもお金を受け取ることができます。

消費者金融でのカードローンの契約さえ結べれば、あとは自分の口座に振込融資を行います。
そして銀行のキャッシュカードをつかってATMからお金を引き出すだけです。

注意点としては、銀行の営業時間外に振込を行うと、振り込みをした情報が反映するのが翌営業日となってしまうという点です。
例えば夕方の17時に契約が完了し、すぐに振込融資をおこなったとします。すると、17時ではすでに銀行は営業時間外となっていることが多く、翌朝の9時にならないと振込情報が反映されないためすぐに出金することができないのです。

このようなタイムロスがないようにと、各消費者金融では振込情報がすぐに反映される提携銀行というものを設けています。
アコムであれば楽天銀行・プロミスであれば三井住友銀行とジャパンネット銀行といったように各消費者金融によって対応銀行は異なりますが、提携の銀行を振込先に設定すれば銀行の営業時間外であってもすぐに振込情報が反映されるので、すぐ現金を手にすることができるのです。

まとめると、即日でお金を借りたい場合は『消費者金融』に『インターネットから申し込み』を行うことが最短ルートとなります。
審査に通った後は、『即日でカードを発行できる無人契約機にて契約を完了させる』またはインターネット上で契約を完了させた後に『提携銀行の口座に振込融資』を行う。
いますぐにお金が必要という方は、上記の方法をとってくださいね。

消費者金融の方が、審査が簡単って本当?


銀行では預金や資金運用など、個人向けのカードローン以外の金融業務で経営が十分にまかなえている状態です。
そのため、返済能力があるかどうか微妙だなという人にわざわざリスクを背負ってまで融資をする必要がありません。
一方で、消費者金融はお金を貸しだして金利を貰うことで経営を行っていることになりますので、銀行カードローンのように審査を厳しくしてしまっては経営が成り立たないのです。

そのため、銀行のカードローンよりも消費者金融のカードローンの方が、審査は柔軟に対応してくれると言えるでしょう。
だからといって、過去に金融関係の事故を起こしたことがある人や、他金融機関で高額の借り入れを行っている方でもOKということではありません。

街中にある、ちょっと危なそうなポスターやダイレクトメールには要注意!


銀行以外の金融機関では、収入の3/1以上のお金を借りることも貸すことも禁止されています。
そのため、すでに年収の3/1を借りてしまっている人・専業主婦や学生など収入がない方はクレジットカードをつくることはできてもキャッシング機能を付けることはできませんし、消費者金融のカードローンを申し込むことは出来ないのです。

そうなると、お金が必要なのにお金を借りることができない!という人が出てきます。
そんな人に非合法的にお金を貸しているのが所謂『闇金融』といわれる人達です。
通常、融資などの金貸し業務は貸金業務取り扱い主任者と言う資格が必要となる上、都道府県庁に開業届けを出して正式に受理されないと行ってはいけないことになっています。
しかし闇金融では、警察の目をかいくぐって違法に融資をおこなっているのです。

貸金業法では金利の上限というものを設けていますが、闇金融は営業そのものが違法なので、金利に関しても上限なくそれぞれの闇金融が決めた金利が言い値として使われてしまいます。
また、借りるために提出した住所や連絡先・勤務先といった個人情報は流出・悪用されることが多いため、架空請求やいやがらせ・借りていない闇金融からの取り立てといったトラブルが発生する可能性があります。

まとめ

お金を借りる方法や、即日を狙う時の方法は詳しく分かりましたか?
すぐにお金がほしいから・すぐに返せるからといって危ないところからお金を借りるのはトラブルの元ですので絶対にやめましょう。
大手の消費者金融であれば、即日融資もできますし、安心して利用することができますよ。

※アコムの最大30日間の無利息キャッシングは、アコムでの借入が初めての方のみが対象となります。
※アコムの無人契約機むじんくんは年中無休ですが、年末年始期間は除きます。
【むじんくんの年末年始営業時間】
12/31(日)8時00分~18時00分まで
01/01(月)休業
※アコムは、12/31の18時以降、1/1についてはインターネットでの申込は可能ですが審査回答や契約の手続きは1/2以降となります。
※SMBCモビットの即日融資については、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります。
※SMBCモビットは学生、アルバイト、パート、自営業の方も借り入れできますが、その際は安定した収入があることが条件となります。
※株式会社モビットは2017年12月1日に社名が株式会社SMBCモビットに変更になりました。
※SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスの無利息キャッシングは、初回利用かつメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※当サイトでいう「他社」とは、使途自由の類似無担保融資サービスを提供している会社のことを表します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です