金利が低いと口コミ評判の京都中央信用金庫のローン審査基準は厳しい?それとも甘いのでしょうか?

               
画面最上部の「安全ではありません」について

本題に入る前に使いみち自由で必要な時に必要なだけ借りられる「カードローン」を3つだけ紹介します。

即日&無利息キャッシングが魅力のアコム
btn-a

誰にもバレずWEB完結で利用できるSMBCモビット
btn-m

提携ATMの利用手数料無料で安心の三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』
btn-b

京都中央信用金庫のカードローンのサービス内容は他社よりお得か

京都中央信用金庫のような信用金庫は低金利なカードローンサービスを提供していると口コミでいわれています。

実際に、京都中央信用金庫のカードローンの金利は年13.900%となっており、他の金融機関のサービスよりも金利が低めに設定されているといえるでしょう。

信用金庫の低い金利設定でカードローンが利用できるという点で、京都中央信用金庫はお得に利用できるサービスとなっています。

ただ、他社カードローンと比べてお得に利用できるかと言われれば、京都中央信用金庫より低い銀行カードローンがあるので他よりお得とはいえないかもしれません。

イオン銀行カードローンは京都中央信用金庫よりも低く、年3.8%〜13.8%となっており、京都中央信用金庫より低い金利設定となっております。

銀行カードローンは信用金庫と同じく金利が低い傾向にありますので、京都中央信用金庫だけが低金利というわけではありません。

地域密着で営利を主目的としていない信用金庫の場合、会社である銀行や消費者金融とはまた違った基準で審査をしていることが予想されます。

利用者の多さという点からいっても、冒頭で紹介したバンクイックなどはポピュラーな銀行カードローンと言えるでしょう。

一方、金利が高いと思われがちな消費者金融にもメリットはあります。
たとえばアコムは30日間の無利息キャッシングサービスを行っており、初めての利用ならこの間、金利は関係ありません。
消費者金融としてずっと個人への融資を行ってきており、利用者数も消費者金融では最多を誇っています。

1万円単位といったすぐに返済できる金額を借りて30日以内に返済
といった利用なら利息負担なしですから、場合によっては消費者金融の利用も検討したほうが良いでしょう。

京都中央信用金庫のカードローンの審査基準は甘い?厳しい?

カードローンというと手軽に使えそうなイメージがあるので、審査基準が甘いとみられがちですが、そんなことはありません。

京都中央信用金庫の審査口コミをみても、甘いなんていう口コミは見られません、むしろ厳しいという口コミの方が多いでしょう。

京都中央信用金庫のような信用金庫は金利が低い分、利用条件などが厳しいため、審査基準についても厳しくなっています。

キャッシングの審査では利用条件が満たされているかという点が注目されていますので、利用条件が厳しければ審査基準も厳しくなるのです。

京都中央信用金庫の場合、「20歳以上、65歳未満」「前年度税込年収が150万以上」」「同一勤務地への勤続年数が1年以上」など、利用条件はかなり限定的となっております。

そのため、審査基準も自ずと厳しくなっておりますので、自分の収入や属性などが不安という方にはあまり申し込むことをお勧めできません。

金利が低くても審査に通過できなければお金を借りることはできないので、金利も大切だがまずは審査に通ることを優先したいなら、消費者金融の利用も検討してみましょう。

個人に貸すことに特化した消費者金融では、安定した収入があれば、学生やパート主婦でも審査通過が可能ですよ。

京都中央信用金庫の住宅ローンのサービス内容と審査基準について

京都中央信用金庫は複数の住宅ローンプランがあり、他社よりも選択の幅が広い傾向にあります。
当記事では複数ある住宅ローンプランのうち、変動金利制のプランと、固定金利制のプランの解説をそれぞれしていくことにします。

変動金利制
変動金利制とは定められた年数ごとに金利の見直しが行われ、金利が変動していくタイプの金利プランです。

京都中央信用金庫の場合、2015年11月の最低限金利は年0.775%〜2.675%となっておりますが、この数値は他の金融機関と比べれば低い数値といえるでしょう。

そういった意味では他社よりサービスがお得といえますが、京都中央信用金庫は四つの条件を満たすと金利の引き下げを行うことが可能です。

下記の四つの条件を満たしますと、金利が引き下げられるようになっております。

条件1 年収が400万円以上あること
条件2 勤続年数もしくは営業年数が5年以上であること
条件3 年収に占める年間返済額の割合、つまり返済比率が30%未満であること
条件4 自己資金保有割合が5%以上であること

上記の四つの条件を満たすことで、金利が徐々に下がり、最終的に最低金利の0.775%となります。

条件をすべて満たすのは中々難しいですが、一つでも満たしていれば徐々に下がっていきますので最初から全ての条件を満たす必要はありません。

このように条件はあるものの、金利が引き下げられるという点で京都中央信用金庫はお得に利用できるといえるでしょう。

◯固定金利制
固定金利制とは、最初に設定した金利が完済まで固定されるというタイプの金利となります。

京都中央信用金庫は年3.740%となっておりますが、先ほどの変動金利制と同じく四つの条件を満たすことで徐々に減らすことができ、再加減金利の年1.640%まで引き下げることも可能です。

条件を満たすのは難しいものの、条件が満たせれば低い金利で利用していけますので、お得に利用できるでしょう。

京都中央信用金庫の住宅ローンの審査基準が甘いか厳しいか

京都中央信用金庫の住宅ローンの審査基準ですが、金利の引き下げの条件が厳しいことからもわかるように、かなり厳しい審査といえます。

やはり信用金庫というと信用が求められますので、住宅ローンのような高額なキャッシング額になりますと審査基準も厳しくなっていくのです。

安定した収入はもちろん、将来的に完済できるかという返済能力についてもかなり慎重に判断されることでしょう。

そのため、審査基準が甘いということはありませんので、申し込みの際には自分が審査に通過できるかという点について確認しましょう。

京都中央信用金庫のマイカーローンの金利や審査基準について

京都中央信用金庫のマイカーローンの金利は変動金利制で年2.900%。

この金利設定は信用金庫の中では特に低くもなく、高くもない標準的な数値といったところでしょうか。

ただ、住宅ローンや個人ローン、カードローンを利用し、すでに完済していたり契約中ですとリピーター割として年0.200%金利が低くなります。

そのため、リピーター割を利用すれば年2.700%となりますので、かなり低い金利となるのです。

京都中央信用金庫のマイカーローンの審査基準は甘いか厳しいか

京都中央信用金庫のマイカーローンはやはり審査基準は厳しい内容となっております。

・営利目的ではないので積極的に審査に通す必要性が薄い
・金利が低いのでコンスタントに返してくれないと費用対効果が悪い

といった背景があることが考えられます。

住宅ローンにもマイカーローンにも言えることとして、多くの金融機関が独自のプランを打ち出しています。
そういった商品を比較しながら、「審査に通過できる範囲でもっとも低金利」なものを選択できるようにしましょう。

【J.Score(ジェイスコア)】
貸付利率(実質年率)0.8%が適用されるのは、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、Yahoo!JAPANとの情報連携に同意した場合に限ります
【アコム】
・最大30日間の無利息キャッシングは初めての契約者のみが対象です。
・自動契約機(むじんくん)は年中無休ですが年末年始は除きます。
営業時間:12/31は8時~18時、1/1は休業
※12/31の18時以降、1/1はネット申込は可能ですが審査回答や契約の手続きは1/2以降となります。
【SMBCモビット】
・即日融資は、申込の曜日や時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります。
・学生、アルバイト、パート、自営業の人でも申し込めますが、利用には安定した収入があることが条件となります。
※株式会社モビットは2017年12月1日に株式会社SMBCモビットに社名変更
【プロミス】
・SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスの無利息キャッシングは、初回利用かつメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

※当サイトでいう「他社」は、使途自由の類似無担保融資サービスを提供している会社を表します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です