横浜銀行カードローンの審査の在籍確認は職場電話連絡なし?増額は可能でしょうか?

横浜銀行カードローンの審査の在籍確認は職場に電話連絡がありますよ!

横浜銀行カードローンの審査の在籍確認は職場に電話連絡がいくのでしょうか。
銀行や消費者金融のカードローンを利用するときに、審査の在籍確認で職場に電話連絡をされる、カードローン申込みが職場の同僚や家族にバレる恐れがあるので何となく気まずいですよね。横浜銀行カードローンを利用するとき、職場バレの危険性はどのくらいあるのでしょうか。

結論から言うと、

横浜銀行カードローンの審査の在籍確認は職場への電話連絡です!

したがって、職場に電話連絡がきて、上司や同僚にお金を借りていることがバレるのが怖い人は、SMBCモビットを利用するのがオススメですよ。

横浜銀行カードローンと違い、SMBCモビットの場合、WEB完結申込みを利用すれば職場と自宅への電話連絡がなし、郵送物もなしとなります。

誰にも内緒でお金を借りたいならば、消費者金融SMBCモビットを利用するのがお勧めです。
SMBCモビットについては、当サイトの消費者金融ランキングからでも公式ホームページへ進むことができますので、こちらから申込みをしてみてはいかがでしょうか。

btn-m ScMJ6HvJ

横浜銀行カードローンの審査は厳しいの?

横浜銀行カードローンの利用を検討しているの中には、横浜銀行カードローンの審査難易度について気にされている方も多いかと思います。

横浜銀行カードローンの審査は厳しいのでしょうか。

こちらも手っ取り早く結論から言ってしまうと、

横浜銀行カードローンの審査は厳しいです。

横浜銀行カードローンは広告やCMでもお分かりになるように、低金利の銀行カードローンなので、その審査は厳しいことが想定されます。

したがって、横浜銀行カードローンの審査に通過する自信がないという方は、横浜銀行カードローンよりも消費者金融のカードローンを利用した方が良いでしょう。

当サイトの消費者金融ランキングでも紹介している消費者金融アコム、プロミスは、横浜銀行カードローンと比較すれば金利は低くありませんが、

最大30日間の無利息キャッシングも利用することができますので、

上手にアコムとプロミスを利用することができれば、低金利の横浜銀行カードローンよりもお得にお金を借りることができるでしょう。

アコムとプロミスに関しても、SMBCモビットと同様に当サイトの消費者金融ランキングに掲載されていますので、もし、ご利用を検討しているのなら、こちらからアコム、プロミスの公式ホームページでそのサービス内容の詳細を確認してみると良いでしょう。

ちなみに、アコムとプロミス、それからSMBCモビットの審査基準ですが、

安定的な収入があればアルバイトやパート、自営業も借り入れの可能性がある

ので、お金にお困りの際は、心強い味方となってくれるでしょう。

btn-a btn-p btn-m q5NX259m

横浜銀行カードローンの増額(増枠)は可能なの?

横浜銀行カードローンを利用しようとしている方、横浜銀行カードローンを既に利用している方は、こちらのカードローンが増額(増枠)できるかどうかを気にされている方も多いのではないでしょうか。

横浜銀行カードローンは増額は可能なのですが、増額には新たに横浜銀行の審査に通過する必要があります。

前述の通り、横浜銀行カードローンの増額(増枠)審査も厳しいことが想定されます。

横浜銀行カードローンの増額(増枠)審査に通る自信がない方は、消費者金融のカードローンを利用した方が良いかもしれませんね。

また、横浜銀行カードローンの増額(増枠)をしてもらうには、横浜銀行カードローン受付センターに電話をする必要があります。少し増額(増枠)してお金を借りたいだけなのに、いちいち電話をしなくてはいけないのが不便ですよね。

アコムやプロミスの場合、増額(増枠)の申請は、会員サービスにログインすることで手軽に手続きができるというメリットがあります。

したがって、お金の借りることを検討している方で、増額(増枠)や追加の融資を希望する可能性がある方は、アコムとプロミスの方に申し込んだ方が増額(増枠)の手続きがスムーズに進むので良いかもしれませんね。

R4Sh5q1A

横浜銀行カードローンの審査の在籍確認についてもっと詳しく教えてください

冒頭で、横浜銀行カードローンの審査の在籍確認についてはさらりと触れましたが、こちらについてもっと詳細に解説して欲しい方もいるかと思います。

銀行や消費者金融のカードローンの審査には仮審査、本審査がありますが、その本審査では在籍確認があります。

先ほども申し上げたかと思いますが、

横浜銀行カードローンの審査の在籍確認は職場への電話連絡によって行います。

在籍確認を職場への電話連絡で行うのは、横浜銀行カードローンだけでなく、他の消費者金融や銀行のカードローンの審査でも同様です。

しかしながら、いくら職場に在籍をしているか確認をするためとはいえ、職場に電話連絡をされてしまうと会社の同僚や上司にバレそうで不安という気持ちもありますよね。

カードローンなどの借り入れ審査で、職場や家族にバレるのが心配という方は、

消費者金融のSMBCモビットの利用がお勧めです。

SMBCモビットは、WEB完結申込みというサービスがあります。

SMBCモビットのWEB完結申込みを利用すれば、職場と自宅への電話連絡なし、郵送物なしでお金を借りることができますよ。

誰にも秘密で借り入れがバレることなくお金を借りたいならば、

SMBCモビットのWEB完結申込みを利用しましょう。

btn-m imasia_7971502_XL

横浜銀行カードローンは即日でお金を借りることはできるのでしょうか?

横浜銀行カードローンを利用する上で、即日にお金を借りることができるのかを気にされている方もいるかと思います。

横浜銀行カードローンは、最短即日利用が可能な銀行カードローンです。申し込んだ即日で利用ができるというのは銀行カードローンとしては珍しいですよね。
ただし、横浜銀行カードローンは最短即日利用が可能と公式ホームページでは記載されており、即日融資が可能とは記載されていません。

即日融資可能ではなく即日利用が可能、というのは少しばかり弱気な表現ですよね。

実際に、横浜銀行カードローンが即日融資できるのか横浜銀行に問い合わせてみたのですが、その結果、

横浜銀行カードローンの即日融資は難しい

ということが分かりました。

横浜銀行カードローンの即日融資を利用するためには、属性情報が良い顧客(たとえば公務員や大企業など収入が安定している)であり、さらに当日の審査状況が混雑していない場合となります。

したがって、横浜銀行カードローンを利用して即日融資を狙うのは現実的ではないのではないでしょうか。

もし、即日融資を狙うのなら、消費者金融のカードローンを利用するのがお勧めです。

当サイトでご紹介している

アコム、プロミス、SMBCモビットならば、どの消費者金融もすべて即日融資に対応

していますし、銀行の営業時間帯である平日の昼間だけでなく、平日の夕方から夜や、土日や祝日のような休日にも即日キャッシングをすることができますよ。

横浜銀行カードローンの場合は、最短即日利用が可能だとしても、横浜銀行には自動契約機がないので、ローンカードを発行して平日の夜や休日のキャッシングをすることができません。

したがって、臨機応変に即日融資で今すぐお金を借りたいという方は、アコムやプロミス、SMBCモビットを利用することがお勧めです。

アコムは楽天銀行の口座があれば、プロミスは三井住友銀行やジャパンネット銀行の口座があれば、24時間リアルタイムの振込融資を受けることができますので、こちらの3つの口座のうちのいずれかを持っているならば、アコム、プロミスの利用を検討してみるのもお勧めです。

SMBCモビットは即日融資に対応しているだけでなく、WEB完結申込みで借り入れを申し込めば、職場と自宅への電話連絡なし、郵送物なしとなりますので、誰にもバレずにできるだけ早くお金を借りたいという方は、SMBCモビットの利用がお勧めです。

横浜銀行カードローン、アコム、プロミス、SMBCモビット。
魅力的なカードローンはたくさんありますので、それぞれの状況に応じて使い分けてみてはいかがでしょうか。

btn-a btn-p btn-m imasia_10957300_XL
※アコムの最大30日間の無利息キャッシングは、アコムでの借入が初めての方のみが対象となります。
※SMBCモビットの即日融資については、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります。
※SMBCモビットは学生、アルバイト、パート、自営業の方も借り入れできますが、その際は安定した収入があることが条件となります。
※株式会社モビットは2017年12月1日に社名が株式会社SMBCモビットに変更になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です