イオン銀行カードローンBIGの増額(増枠)方法を教えて!増額審査に落ちた場合おすすめカードローンはありますか?

イオン銀行カードローンは増額(増枠)できますか?

イオン銀行カードローンは金利が低い銀行カードローンの中でも特に金利が低い銀行です。

具体的に金利を紹介すると、年3.8%〜13.8%で、また、専業主婦(主夫)からパート・アルバイトまで利用できるので、多くの方が利用してる非常に人気の高いカードローンと言えます。

イオンでショッピングする主婦(主夫)の方の場合、イオン銀行の口座を持っていて、すでにカードローンBIGを契約しているという人もいるのではないでしょうか。

今回は、そんなイオン銀行カードローンと、その増額について解説して参ります。

まず、この記事のタイトルにもなっている通り、イオン銀行カードローンは増額が果たして可能なのかどうか?という点から解説していきたいと思います。

この記事をご覧の方には、おそらくですが、既にイオン銀行カードローンを使っていて、借り入れ限度額が足りなくなり、限度額をもっと引き上げて欲しい人と思ってらっしゃる方は多いと思います。

結論から言えば、イオン銀行カードローンで増額をするのは、あまりお勧めしません。

なぜなら、イオン銀行カードローンの増額申請をして限度枠を増やすよりもお得な方法があるからなんです。

イオン銀行カードローンの増額(増枠)審査にかかる時間はどれくらい?

では、イオン銀行カードローンの審査はどのくらいの時間がかかるのでしょうか?
多くの場合は、実際の融資は数日ほどかかります

よって、審査回答が申し込んだ当日にあったとしても、増額してお金を借りることができるのは、その数日後と考えておいた方が良いかもしれません。

スピードを気にするのであれば、上で紹介したようにアコム三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』がおすすめです。

ちなみに、増額審査となると、それまでより借入額が増えますから、自ずとキャッシング額も高額になります。

このため、増額(増枠)審査の審査基準はどうしても厳しくなってしまい、その分、審査も慎重となり、審査時間が長くなりがちになるんです。

一般的には、増額(増枠)審査の基準は、初回の借り入れよりも厳しく、どの金融機関も3日〜7日程度の時間が必要となることが多いようですね。

なので、繰り返しにはなりますが、イオン銀行カードローンの限度額を引き上げてもらうよりも、スピード面に優れている別会社に新規申し込みをするという方法もおすすめです。追加融資よりも新規の申し込みをした方が、審査スピードは早くなる可能性が高いわけですからね。

アコム・プロミスの場合、新規申し込みをして審査に通過できれば、結果的にはイオン銀行で増額してもらったのと同じようにお金を借りることができるでしょう。

例えば、イオン銀行カードローンで30万円の借入枠があり、アコムに新規申し込みをして5万円の借入枠をもらったならば、35万円使えることになります。

また、アコムの場合、初回ならば最大30日間の無利息キャッシングサービスがあります。

30日以内にアコムから借りたお金を返済してしまえるのであれば、イオン銀行カードローンで増額(増枠)するよりもお得ですよ。

やっぱり、どんなに低金利でも、無利息には敵いませんからね^_^;

そのため、イオン銀行カードローンをメインバンクのカードローンとして使いつつ、枠が足りなくなったら、アコムなど他のカードローンを利用するといった臨機応変な対応もアリと言えばアリかもです。

btn-a btn-b

ただ、イオン銀行カードローンを借りた状態で、他の会社のカードローンを新規で借入するのは、返済先が増えるということも意味しています。

借入先を増やして、毎月の返済が苦しくなってしまわないように、くれぐれもキャッシングは計画的に行うことが大切です。

複数借入はおすすめはしませんが、いざという時の備えのために、2社目の借入先を確保しておくのは、非常時の財布を持っておくという意味でも有効な手かと思います。

つまり、あらかじめ、カードローンの利用申し込みをして使えるようにしておくということですね。

その場合は、アコムの無利息キャッシングは、契約した日から数えて30日間が無利息となるので、ギリギリまで申込みはしない方がいいかもしれません。

プロミスの場合は、無利息キャッシングは、契約した日ではなく、借り入れをした日から30日間の無利息サービスとなります。
なので、あらかじめ契約をしておくべきなのは、アコムよりもプロミスかも。
プロミスは、申し込んだ日に借りようと、申込みしてしばらくしてからお金を借りようと、どちらにしろ、無利息キャッシングの期間は30日と変わらないため、かなりお得感があります。

銀行カードローン、消費者金融、一長一短ありますが、自分の状況に応じて、ぴったりの借り入れ先を選んでいきましょう。

イオン銀行カードローンは休日(土日・祝日)の増額は可能か

女性(26)

ちなみに、いきなりお金が必要になるときって、平日だけじゃなく休日もあるのではないでしょうか。

友人と遠出をしたり、お酒を飲んだり、彼女とデートをしたりするのって、会社が休みの日ですよね。
でも、そんなときに、イオン銀行では、休日の増額には対応しているのでしょうか。

多くの銀行は、土日・祝日など休日の増額は対応していません。
銀行は、通常、土日・祝日は休みのところも多いですからね。
そのため、休日に申込みをしても、実際の審査が行われるのは翌営業日となるのが実情です。

でも、イオン銀行は、平日だけでなく休日も営業をしています。


よって、イオン銀行は、土日・祝日などの休日も審査を受け付けているので、審査を早めに行うことも可能なんです。

ただ、イオン銀行カードローンも、審査自体は休日にすることができますが、実際の融資となると3~4日程度かかることが多いようですね。

いちおう、これは余談にはなりますが、イオン銀行カードローンは、イオン銀行ダイレクトを利用することで、土日・祝日だけでなく24時間いつでもイオン銀行口座に振込キャッシングすることができます。

よって、イオン銀行ダイレクトを利用できるようにしておけば、休日でも現金を借りられるため安心ですよ。

少しだけ、話題を変えましょうか。

あなたが土日・祝日など休日に緊急で融資を受けたいのなら、イオン銀行カードローンだけでなく、アコムや三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』も良いかもしれません。

btn-a btn-b

大手消費者金融で人気消費者金融でもあるアコムなら、土日・祝日といった休日であってもインターネット申し込みを受け付けているので、審査も行ってくれます。

これにより、アコムでは、土日・祝日であっても平日と同じ条件で契約手続きを進めていくことが可能です。

アコムで即日融資をしてもらう場合、まずは、インターネット申し込みをしましょう。

アコムの審査結果が出て、審査に通ったら、近くの無人契約機(むじんくん)でカードを発行して、あとはアコムと提携しているATMでお金を引き出すだけです。

アコムの審査の在籍確認は、顧客の職場に電話連絡で行うのが原則です。
人によっては、在籍確認における会社への電話連絡は、職場の上司や同僚にバレそうで怖いという人もいるかもしれません。

そんな方にも、アコムは安心です。
アコムは、会社や家族にバレないように細心の注意を払って、在籍確認や借入の手続きを行ってくれます。
なので、アコムからの借入が、自分以外の第三者にバレるということはないでしょう。

アコムは、土日・祝日で会社が休業している場合も安心です。

会社に人がいない場合も、電話連絡以外のやり方で、顧客が会社に在籍していることを確認してくれることがあります。

たとえば、アコムは、土日・祝日に、会社が営業していないということを事前に知らせておくことで、収入証明書類や保険証などを提出することで在籍確認を行ってくれることもありますので、安心してくださいね。

アコムの在籍確認については、以下のページでも詳しくまとめておきましたので、興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

アコムの在籍確認は会社・職場への電話連絡なし?無人契約機むじんくんの場合は?

また、アコムの自動契約機むじんくんは、土日・祝日でも8時〜22時と営業しており、インターネットで契約手続きをしている状態ですと、すぐにカードが発行できます。

平日の夕方、夜だけでなく、休日もカード発行ができるのは、自動契約機がある金融機関の特権ですよね。

ちなみに、アコムは手数料が無料となるアコムATMや、セブン銀行などの提携ATMで土日・祝日でも即日キャッシングができますので、すぐ簡単ににお金が借りられるでしょう。

楽天銀行の口座をお持ちの場合は、カードでのキャッシングではなく、土日・祝日の振込キャッシングもできます。

しかも、振込にかかる時間は最短1分。お金が必要になって、振込手続きをしたと思ったら、既にお金が振り込まれた状態になる、というのはなかなか熱いですよね。

アコムは、土日・祝日といった休日に限らず、自由に現金を借り入れることができますので、希有な消費者金融と言えるでしょう。

休日にお金に困ってしまった。
でも、すでにイオン銀行カードローンのキャッシング枠が一杯で借りれない!
このような方は、アコムへのお申し込みを検討してみるのも良いかと思います。

イオン銀行カードローンの増額(増枠)審査では在籍確認がありますか?

pixta_17288006_xl

イオン銀行カードローンの増額における審査では在籍確認はあるのでしょうか。

これについては、微妙な問題です。

イオン銀行カードローンの最初の契約の際に、一度、在籍確認は行われているはずなので、

「増額のときは在籍確認はしないでもいいんじゃないの?」

と思われる人の気持ちも分かります。

しかしながら、初回の借入からある程度の時間が経過している場合、再度の在籍確認が必要になる可能性が高いです。
だって、金融機関としては、顧客がまだ以前の職場に勤めていて、きちんと働いているかって気になりますよね。
当たり前の話ですが、お仕事をやめてしまっていれば、お給料をもらっていないため、お金を貸しても戻ってこないリスクがあるわけです。

なので、イオン銀行が金融機関として健全な営業を行っている以上、カードローンBIGの増額審査における在籍確認はある可能性が高い、と認識しておいた方が良いでしょう。

ただし、イオン銀行カードローンの在籍確認は、会社にバレることはありません。

増額審査の電話連絡では、イオン銀行の担当者は、銀行名を名乗りませんので、キャッシングをすることが職場の人間に発覚する恐れはないでしょう。

銀行の在籍確認は、担当者が銀行名を必ず名乗ることを義務付けられている銀行もあります。
この点については、イオン銀行は臨機応変に対応してくれていると考えても良いかと思います。

「銀行名を名乗られると、会社の人にカードローンを借りるんじゃないか、と勘繰られそうでイヤだ……」という人には、イオン銀行の在籍確認は安心して受けられます。

ちなみに、参考までに説明しておくと、増額(増枠)審査に関しては、初回の審査の時の勤務先情報や自宅の住所が変わっていなければ、行われないことが多いようです。

在籍確認の電話連絡による会社バレがどうしても心配な人はどこから借りるのが一番いいか

女性(11)

結論からいえば、在籍確認の電話連絡で会社バレが心配という人は、消費者金融から借入をするのが一番いいです。

なぜかというと、かれらは借入のプライバシーを守ることについては銀行よりもエキスパートだから。

先ほども言いましたが、


銀行の在籍確認の場合、顧客の会社に担当者が電話をしたときは、銀行名か個人名を名乗ります。

一方、消費者金融の場合は、絶対に、消費者金融名を名乗ったりしません。
当たり前の話かもしれませんが、消費者金融の在籍確認の会社への電話連絡は、個人名を担当者が名乗ることで行います。

また、細かな電話をかける時間帯や、在籍確認のやり方なども、顧客の希望に合わせて対応してくれることが多いんですよね。

先ほども紹介した消費者金融アコムに関しても、在籍確認はかなり慎重に行うため、アコムから借りることが会社にバレたという人はいません。

どうしても、会社に電話連絡をされるのは嫌な場合は、顧客がアコムの担当者と相談することで、収入証明類などの提出によって在籍確認を行ってくれる、というケースも報告されています。

なので、職場に借入がバレるとトラブルになる可能性があると心配している人は、申込みをした後に、担当者に収入証明書などの書類による在籍確認をしてもらえないかを相談してみるのもいいかと思います。

以上のことからアコムもキャッシング利用が勤務先に知られるなんてことはありませんので、ご安心くださいね。

イオン銀行カードローンの増額(増枠)審査に落ちてしまったらどうすればいいんですか?

pixta_15480380_xl

以上で説明してきましたように、高額なキャッシング低金利で利用できるイオン銀行カードローンは、増額(増枠)するのにもってこいの銀行です。

しかしながら、増額(増枠)審査の基準は、初回の借入よりも借りる金額が増える分厳しくなる傾向があります。
せっかく、申し込んでみたけれど、結局、増額審査で落ちてしまった、なんて方もいらっしゃるでしょう。

そういった方が今後どうすればいいのかということについて、最後に解説していきます。

1、追加融資を急いでいる場合

増額(増枠)審査では信用性が求められますので、ある程度長い期間利用していないとどうしても結果が出ないことが多いのです。

そのため、追加融資をお急ぎでしたらイオン銀行カードローンで増額(増枠)することに固執するのではなく、他社へのお申し込みをお勧めします。

auのユーザーなら、イオン銀行カードローンよりも低金利で利用できるのは、先ほどご説明した通りです。

金利よりも、優先すべきは「スピードだ!」という人は消費者金融がいいと思います。

特に、大手消費者金融のアコムは、最短1時間の融資ができるので、融資の速度はカードローン業界でもトップクラスと言えるでしょう。

アコムより金利が低いところがいいなら、バンクイックもおすすめです。

バンクイックは、最短40分でカードが発行できるため、実は、バンクイックの融資の速度は、カードローン業界随一なんです。なので、スピード融資を求める人には、バンクイックも併せておすすめします。

2、もう一度イオン銀行カードローンで増額(増枠)を申請しようとしている場合

審査結果が落ちたけれど、どうしてもイオン銀行カードローンで増額(増枠)したい人もいるかもしれませんね。

このような場合は、「この人になら、増額して追加融資してあげても、きちんと返済してくれそうだな」とイオン銀行に信用してもらう必要があります。

どうやって信用してもらうのかと言えば、やっぱり、長期間の利用が不可欠となります。
それなりに長い期間、一度も滞ることなく返済をし続け、返済実績を積むことが必要となるんです。

イオン銀行カードローンの増額は、最低でも6ヶ月〜12ヶ月程度の利用をしていく必要があるでしょう、1年程度は、初期のキャッシング枠で利用を重ねていく必要があります。

このポイントを押さえたうえで、再び、イオン銀行カードローンの増額(増枠)申請を行えば、審査に通過する可能性も高まるでしょう。

イオン銀行カードローンの増額(増枠)審査に落ちてしまった方は、もし良かったら、上記の方法を試してみてくださいね。

 

※アコムの最大30日間の無利息キャッシングは、アコムでの借入が初めての方のみが対象となります。
※SMBCモビットの即日融資については、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります。
※SMBCモビットは学生、アルバイト、パート、自営業の方も借り入れできますが、その際は安定した収入があることが条件となります。
※株式会社モビットは2017年12月1日に社名が株式会社SMBCモビットに変更になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です